pakistan investigate banner bitcoin image

パキスタンがBinanceを1億ドル詐欺の疑いで調査へ

パキスタン当局は、去る2022年1月6日、Twitterのプレスリリースを通じて、Binanceに約1億円相当の詐欺の疑いがあり、調査を行うことを発表しました。これは、同国のBinanceユーザーから、プラットフォームが1月の第1週に発生した詐欺の原因となった未知のサードパーティの仮想通貨ウォレットに資金を移すよう要求したと言う、いくつかの苦情が表面化した後に発生しました。

連邦捜査局(FIA)は捜査を主導することになり、その後、パキスタンのBinanceの責任者であるハムザ・カーン氏に接触しています。この最初の会談の目的は、カーン氏が詐欺に関与しているのか、それとも気づいていないのかを判断することです。 

DawnとCoin Telegraphが行った報道によると、FIAは米国とケイマン諸島のBinance本社のカーン氏とその他のスタッフに、配布資料を通じて一連の質問をする予定です。取得したデータは、事件をさらに進展させ、責任者を突き止めるために使用される予定です。

被害者の最初の供述により、FIAは、詐欺が行われたときに突然操作を停止した11のモバイルアプリを特定することができました。被害者によると、これらのアプリは、Binanceのプラットフォームを通じて入金するよう誘いかけ、これらのアプリにリンクされた口座に資金を移動させたといいます。

また、不正資金が送金された場所として考えられる仮想通貨ウォレットがいくつかありました。

「不正な金額が送金された可能性のある疑わしいブロックチェーンウォレットアドレス(Binanceウォレットアドレス)は少なくとも26個確認されています。Binance Holdings Limitedに対して、これらのブロックチェーンウォレットアカウントの詳細を示すとともに、それらを引き落とすよう書簡が書かれました」と、FIAは昨年2022年1月6日、ユニットリーダーのImran Riaz氏が公開したツイートを通じて、彼らの発見に関して述べました。

Binanceはすぐにツイッターで声明を発表し、「我々は、規制当局や法執行当局との具体的な問題についてコメントすることはありません。しかし、方針として、可能な限り捜査に協力することが我々の一般的なアプローチです」とこの通知に対する回答を発表しました。。

声明は続けて、Binanceは常にこのような状況を避けるように努めており、パキスタンのFIAと緊密に協力して目の前の問題を解決していくと述べています。

現在のところ、パキスタンに拠点を置くユーザーだけがこのような問題を抱えていることが記録されています。Binanceは過去に他の問題を経験しましたが、ユーザーと規制当局から必要とされるすべての必要な規則と調査を遵守していることを再確認しました。

現在、調査がどのように進んでいるのか、またBinanceが本当に詐欺が発生したプラットフォームなのかどうかについての進展はありません。Cryptoshimbunでは、最新の仮想通貨ニュースやアップデートをお届けしています!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。