top 10 highest crypto

仮想通貨の採用率が最も高い上位10か国

世界初の仮想通貨であるビットコインが2009年にリリースされて以来、仮想通貨はデジタル資産の世界において画期的な進歩を遂げました。何年にもわたって、さまざまなアルトコインが生まれて市場を支配しようとしています。

10年後、Tesla、PayPal、Visaなどの大企業がシステムに暗号支払いを採用しているにつれて、仮想通貨は主流になってきました。これらの大企業に加えて、多くの人々は、デジタル通貨を注目させることに役立っている国における一般大衆の仮想通貨の採用を見落としています。

最近、ブロックチェーン分析会社であるChainalysisが、Global Crypto Adoption Indexに関する調査を発表しました。この発表では、一般大衆の活動の観点から、仮想通貨の採用率が最も高い上位10か国をランク付けしました。

Chainalysisによって収集されたデータを以下の表に示されています:

順位 得点 個別に加重された指標の順位
オンチェーン価値 オンチェーン小売価値 オンチェーン預金の数量 P2P取引所における取引量
1 ウクライナ 1 4 4 7 11
2 ロシア 0.931 7 8 5 9
3 ベネズエラ 0.799 19 14 15 2
4 中国 0.672 1 1 95 53
5 ケニア 0.645 37 11 57 1
6 米国 0.627 5 6 39 16
7 南アフリカ 0.526 12 9 41 10
8 ナイジェリア 0.459 14 7 112 3
9 コロンビア 0.444 25 18 61 4
10 ベトナム 0.443 2 2 44 81

これらのデータは、1人当たりの購買力平価(PPP)によって加重された4つの指標に分類されます。これらの指標は、オンチェーン価値、オンチェーン小売価値、オンチェーン預金の数量、P2P取引所における取引量に関わっています。

1. ウクライナ

Chainalysisの発表によると、ウクライナのような発展途上国は、仮想通貨の採用率が高いです。技術に精通した人口がその要因になるでしょう。この国は、ソビエト連邦時代から、ずっと科学と工学の発展のホットスポットでした。

それにもかかわらず、当局は当初、デジタル資産を受け入れていませんでした。2017年、ウクライナの金融規制当局は、州は仮想通貨をお金と支払い手段として分類できないという声明を発表しました。しかし、政府は翌年、国内の仮想通貨活動を監視するための規制正しい枠組みを作成する計画を発表したと同時に、その立場が変わったことは判明しました。

2. ロシア

2位にランクしているのはロシア連邦です。この国はまた、世界の仮想通貨採掘活動の6.9%を占めています。2021年1月、下院と下院は、デジタル資産を採掘・取引可能な資産として承認する法律を制定しました。

3. ベネズエラ

ベネズエラは、国のインフレ率が3,000%であっても、3位にランクされます。7年間、国は継続的な不況に苦しんでいて、金融の不安な状況を激化させました。このため、地元の法定通貨を使用する代わりに、市民が日常の取引に仮想通貨を使うトレンドがあります。

その他、仮想通貨に関する規制が緩和されたため、銀行への投資と比べて、ベネズエラ人は仮想通貨を簡単に保管できるようになりました。

4. 中国

仮想通貨採掘で最も活発な国の1つであっても、中国はChainalysisリストの4位にランクされます。歴史のデータによると、この国は世界中の仮想通貨採掘活動の65.08%を占めることが分かりました。

たくさんの中国の投資家が仮想通貨取引に取り込んでいても、中国政府はこの種の金融活動を規制するための措置を講じています。2017年、中国政府は、投資家を不正行為から保護するために、イニシャルコインオファリング(ICO)を全国的に禁止しました。

5. ケニア

ケニアは、国の経済暴動により市民がデジタル資産を受け入れ、リストの5位にランクされます。

ケニアには仮想通貨を禁止していませんが、中央銀行は2015年に、デジタル資産を使用する際に、注意を払うべきという公告を発表しました。州はまた、仮想通貨は法定通貨とは見なされないと主張しています。しかし、2021年2月、金融機関はビットコインを準備通貨として流通することを発表しました。

6. 米国

米国はリストの6位にランクされていますが、取引とオンチェーン預金の点で仮想通貨活動を行う最大の国となっております。アメリカの大手企業は、デジタル資産を支払い手段として受け入れています。2020年10月、PayPalは、顧客が仮想通貨を使ってアカウントで取引できるという声明を発表しました。

それに応じて、VisaやTeslaなど、アメリカを拠点とする企業は、翌年、支払いシステムにデジタル通貨を採用する計画を発表しました。発展するにつれて、ビットコインは最近、史上最高の52,000ドルを突破しました。

7. 南アフリカ

南アフリカは、市民のほとんどが生活を改善する手段として仮想通貨を受け入れているため、7位にランクされています。国民が暗号活動に従事することを禁止する特定の法律や規制は発表されていませんが、南アフリカ準備銀行はデジタル資産を法定通貨として認めていません。

また、南アフリカ歳入庁は暗号ユーザーに監査要求を送信し、取引活動を披露するように促しました。

8. ナイジェリア

ナイジェリアは、ユーザーが過去5年間だけで約6億ドル相当のBTCを取引したため、8位にランクされます。この発展途上国は、米国に次ぐ2番目に大きなビットコイン市場でもあります。

それにもかからわず、ナイジェリアは仮想通貨活動を許す国ではありません。2021年2月、ナイジェリアの中央銀行は、国内のすべての仮想通貨取引が違法活動と見なされると発表しました。

9.コロンビア

ベネズエラに加えて、コロンビアはラテンアメリカにおける仮想通貨の採用をリードしています。ところが、政府はまだデジタル資産の価値を認識おらず、仮想通貨を支払い方法として使用することはできないと主張しています。

10. ベトナム

ベトナム政府は仮想通貨活動を禁止しても、この東南アジアの国は依然として10位にランクされます。政府が高い送金手数料を請求するため、市民は国境を越えて送金する際に、時々デジタル資産を使用します。

2017年、ベトナム国立銀行は、ビットコインとさまざまな仮想通貨は、政府が承認した法的な支払い手段とは見なされないと発表。さらに、この国は法令に違反した暗号ユーザーに約9,000米ドルの罰金を科することになります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です