charges 11 in ‘massive crypto Ponzi scheme banner image main

ウォール街の監視当局は、「大規模な」仮想通貨ポンジ・スキームで11人を告発

証券取引委員会は、3億ドルの仮想通貨マルチ商法疑惑で11人を起訴し、当局がデジタル資産市場での取締りを強化していることを浮き彫りにしました。

ウォール街の監視団は、Forsageとして知られるこの計画は、プロモーターを使用して、世界中の数百万人の投資家に他の人をプログラムに勧誘するように説得して資金を調達したと述べています。

SECの暗号資産・サイバーユニットのチーフ代理であるキャロライン・ウェルシャンズ氏は、「Forsageは大規模に立ち上げられ、投資家に積極的に販売された詐欺的なマルチ商法である」と述べています。「詐欺師は、スマートコントラクトとブロックチェーンに彼らのスキームを集中させることで、連邦証券法を回避することはできません。」

SECは、Forsageの運営者が、未登録の証券提供を通じて、少なくとも2020年1月から米国および世界で3億ドルを調達したことを非難しました。民事告発は、規制当局が仮想通貨取引所Coinbaseの元職員をコイン上場に関連するインサイダー取引で告発した数週間後に行われました。Coinbaseの元スタッフは、弁護士を通じて「すべての不正行為について無実である」と述べました。

これらのケースは、SECが、その議長Gary Gensler氏が「ワイルド・ウエスト」と呼んだデジタル資産市場を取り締まるために既存の証券規則を適用していることを強調するものです。

SECはイリノイ州の連邦裁判所に提出した訴状で、Forsageは「関連する期間中、善意の小売顧客に対して実際の消費可能な製品を販売していなかったし、販売するつもりもなく、投資家から受け取った資金以外の明らかな収入源もなかった」と述べています。

SECによると、Forsageはスマートコントラクト(中央の仲介者なしで暗号取引を行うことを可能にするコンピュータプログラム)を使ってスキームを運営していました。規制当局によると、契約はイーサリアム、トロン、バイナンスのブロックチェーン(仮想通貨業界で広く使用されているデジタル台帳)で取引されていました。

このプロジェクトの投資家は、自分が勧誘した他の人たちや、その人たちがプロジェクトに引き込んだ個人から報酬を得ることになります。投資家はまた、より広範なコミュニティから利益分配手数料を獲得しました。

「初期の投資家への支払いはすべて、後の投資家から受け取った資金を使って行われた」とSECは述べています。

Forsageのウェブサイトを通じて連絡を取った、分散型組織のボランティアと称する代表者は、SECの申し立ては「仮想通貨新参者の戯言であり、事実ではない」と述べています。

SECの告発には、Forsageの4人の創設者、Vladimir Okhotnikov, Mikail Sergeev, Sergey MaslakovとLola Ferrariという偽名で知られる個人が含まれています。OkhotnikovとFerrariの最後の所在地は、それぞれグルジア共和国とインドネシアです。SergeevとMaslakovは、最後にモスクワにいることが確認されています。この2人のコメントは得られていません。
SECはまた、米国に拠点を置くこのスキームの推進者3人と、少なくとも米国の5つの州で活動していたCrypto Crusadersというスキームの推進グループのメンバーも起訴しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です