Robinhood Crypto Fined 30 Million by New York Regulator banner image main

Robinhood Cryptoがニューヨークの規制当局から3000万ドルの罰金を受け、従業員を23%削減

個人投資家を欺き、金を巻き上げたとして告発された自称「民主化金融」アプリのRobinhoodは、規制当局をなだめるためにさらに3,000万ドルを支払わなければならないようです。これにより、同社の規制当局による罰金と和解金の総額は1億ドルをはるかに超えることになります。

ニューヨーク州金融サービス局は火曜日に提出した書類で、Robinhoodの仮想通貨部門に高額な罰金を支払うよう命じ、同社が「重大なマネーロンダリング防止、サイバーセキュリティ、消費者保護違反」に関与したと非難しました。この経済的打撃は、同社にとって近年相次いでいる規制上の逆風を示すものであり、ニューヨークの規制当局にとって初めての仮想通貨に関する取締りとなります。

Robinhoodは、カジュアルな投資家にとって魅力的なマイクロ株取引サービスでよく知られていますが、同社の仮想通貨部門は、ユーザーが仮想通貨を売買できる取引所も運営しています。昨年3月に最初の調査を開始したNYDFSの調査官は、Robinhoodが効果的かつ準拠したサイバーセキュリティプログラムを維持せず、報告義務に違反し、コンプライアンスを不適切に証明したと主張しています。NYDFSは、同社のサイバーセキュリティプログラムに「重大な欠陥」があることを発見し、「運用リスク」に十分に対処していなかったと主張しています。この罰則に加えて、Robinhoodは独立したコンサルタントを雇い、同社のコンプライアンスを今後判断するための評価を受けなければなりません。

「ビジネスが成長するにつれ、Robinhood Cryptoはコンプライアンスの文化を発展させ、維持するために適切な資源と注意を投資することができませんでした。その結果、同省のマネーロンダリング防止およびサイバーセキュリティ規制の重大な違反となりました」 とNYDFS金融サービス監督官Adrienne A. Harrisは声明の中で述べています。

Gizmodoのコメント要請に応え、Robinhoodの訴訟・規制執行担当副顧問Cheryl Crumpton氏は、和解が成立したことを「喜んでいる」と述べました。

「我々は、業界をリードする法律、コンプライアンス、サイバーセキュリティプログラムの構築に大きな進展を遂げており、我々の顧客に最高のサービスを提供するために、この作業を優先していきます」と、同氏は話し、「我々は、仮想通貨を売買するために、よりアクセスしやすく、より低コストのプラットフォームを提供することに誇りを持ち続け、顧客が望む新しい製品とサービスによって、責任ある方法で事業を成長させ続けることに興奮しています。」と付け加えています。

ただし、残念ながら、NYDFSの罰金は、火曜日にRobinhoodが直面したトラブルの序章に過ぎませんでした。罰金の発表から数時間のうちに、RobinhoodのCEO兼創業者のVlad Tenev氏はブログで、より広範な会社再編の一環として、従業員の約23%を削減することを発表しました。Tenev氏は、新たに失業したスタッフを「Robinhoodies」と呼び、この劇的な削減は、運営、マーケティング、プログラム管理チームなど、会社全体の従業員に影響を与えると述べました。

今回の人員整理は、Robinhoodがパンデミックに後押しされた「超成長」の時期を経て、社員の9%を解雇すると発表してから約3カ月後に行われました。今、Tenev氏は、これらの削減は、「十分に行き届いていない」と言います。同CEOは、崩壊した仮想通貨市場と混合された成長インフレは、顧客の取引活動を大幅に減少させたと述べています。

「昨年、我々はCOVID時代に株式や仮想通貨市場で見ていた小売エンゲージメントの高さが2022年に持続するという仮定の下に、我々の操作機能の多くを配置した」とTenev氏は話し、「この新しい環境では、適切な人員よりも多い人員で運営されています。CEOとして、私は私たちの野心的な人員配置の軌道を承認し、責任を負いました。これは私の責任です。」としています。

Robinhoodは10年近く前の2013年に設立されましたが、個人投資家がGamestopやAMCなどのいわゆるミームストックを買い上げる主要な手段として、昨年ようやく多くの人の選択肢に入ってきたところです。この取引で数百万ドルを手にしたユーザーもいましたが、多くの人は損失を被りました。Robinhoodは、一部の銘柄の取引停止に踏み切り、価格が落ち着くまで一部のユーザーが売却できないようにしたため、一部のユーザーを激怒させました。それ以来、同社は多くの規制当局からの苦情や調査に直面しています。昨年6月、Financial Industry Regulatory Authority(FINRA)はRobinhoodに5700万ドルの罰金を科しましたが、これは同機関がこれまでに出した最大の罰金でした。その直後、Robinhoodは証券取引委員会に6500万ドルを支払い、手数料無料の株式取引方法であるとの主張で顧客を欺いた容疑を解決することに同意しました。

Robinhoodによって損害を被ったとされる個人投資家も、一部払い戻しを受け始めています。今年初め、FINRAの仲裁人は、Robinhoodが取引制限を実施した後に損失を被ったと主張する27歳のトラック運転手、Jose Batista氏に有利な裁定を下しました。FINRAはRobinhoodに対して、この男性に29,500ドルの返還を命じました。ただし、同様の訴えを起こしたのはBatista氏一人ではありません。米連邦取引委員会は、今年初めに米Gizmodoが提出した情報公開法の請求によると、2020年から2021年半ばの間にRobinhoodに関わる3,081件の苦情を受けたと述べています。

「市場が不安定になることは理解していますが、これはRobinhoodが合法的に株を購入した人の取引を尊重することを拒否したのです」と、Robinhoodの介入のために損失で売ることを強いられたと主張するあるユーザーは、訴状の中で述べています。「Robinhoodは顧客サービスのメールやツイート、この問題に関して何の反応も示さないので、Robinhoodは今後、払いたくない他の銘柄にも同じことをしかねないと思わざるを得ません。」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です