atnt sues crypto

仮想通貨ユーザーがSIMスワッピング事件でAT&Tを提訴

テキサス州在住のJamarquis Etheridge氏は、自身の仮想通貨投資に対する攻撃を受け、AT&Tを訴えました。一連のSIMスワッピングにより、Etheridge氏の口座から159.8イーサリアムトークンまたは478,516.31米ドルの推定損失が盗まれました。

Etheridge氏が提出し、彼の弁護士であるRichard E. Brown氏が書いた公式訴状によると、AT&Tはセキュリティ侵害を防ぐことができませんでした。これにより、ハッカーは彼の仮想通貨投資を含むすべての取引に、モバイル経由でアクセスすることができました。

Etheridge氏の取引所口座は不正送金の対象となり、彼は携帯電話番号の使用を奪われ、この経済的混乱に対処して解決し、結果を緩和するために時間、エネルギー、費用を費やすことを要求され、また、結果的に精神的苦痛を受けた」と公式訴状には記載されています。

損失を補償するために、Etheridge氏は「補償的および衡平法上の救済」を求めています。訴状の他の部分には、AT&Tに法定損害賠償、弁護士費用、攻撃を受けた後のすべての損失の完全な弁済を求めることが記載されています。 

Etheridge氏は、2009年以来、AT&Tの忠実なユーザーであるといいます。これまで、この携帯電話会社との間で問題が発生したことはありません。AT&Tは、今回の問題を補償するための発表や連絡を、まだEtheridge氏に行っていません。

Etheridge氏は、ハッカーが携帯電話会社の弱点を利用して機密情報を盗む、SIMスワッピングの多くの被害者の一人に過ぎません。このプロセスでは、ハッカーは仮想通貨アプリ、オンラインバンキング、個人アカウントなどのアプリケーションを簡単に侵害することができます。

SimスワッピングやSIMハイジャックは、仮想通貨ハッキングの被害者にとって共通の問題です。これは、通信事業者を通じて人の携帯電話にアクセスするプロセスです。ハッカーは、アクセス権を得ると、その人のアカウントのパスワードを変更したり、携帯電話番号で取引を確認したりすることができます。

AT&T社がこのような問題に巻き込まれたのは今回が初めてではありません。同社は、3年間で2,400万ドル以上の推定損失に遭遇したMichael Terpin氏と同様の、しかしより大きな事件に直面しました。Cryptoshimbunでは、最新の仮想通貨のニュースとアップデートをお届けします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です