bank of england crypto regulations banner iimage en

イングランド銀行のパネルが、伝染を抑えるために仮想通貨規制の強化を要請

イングランド銀行の金融政策委員会は、潜在的なリスクを軽減するために暗号資産市場に対する「規制強化」を求めています。

火曜日に公表された会議のサマリーノートによると、最近の市場の混乱に注目し、委員会は、暗号資産はまだ広い金融システムに脅威を与えていないものの、主流の金融にもっと統合されるようになると、将来的にそうなるかもしれないと述べています。同委員会は、金融の安定を維持するための中央銀行の役割に重点を置いています。

5月にTerraのステーブルコインが破綻し、先月にはCelsius NetworkやBabel Financeなどの暗号金融機関が引き出しを凍結したため、規制当局はデジタル資産業界に注目するようになりました。それは、2兆ドル以上の時価総額が数ヶ月の間に一掃されたことは言うまでもありません。

「このことは、暗号資産市場や活動の進展に対処するために、規制や法執行の枠組みを強化する必要性を強調した」と、同行は四半期ごとの金融安定報告書で述べています。

財務省はすでに、イングランド銀行がシステミックなステーブルコインをその「特別管理体制」に入れることを検討していると発表しており、これは中央銀行がより広い金融システムに接続されているステーブルコインを規制することを意味します。商業銀行への預金に裏打ちされたシステミックなステーブルコインは、「望ましくない金融安定リスク」をもたらすとのことです。

英国の金融業界規制機関である金融行動監視機構は、業界に対する新しいルールを構築する際にTerraのコインの崩壊を考慮すると述べています。

4月には、財務省が仮想通貨の体制を整え、ステーブルコインを既存の決済規制の下に置く計画を発表しました。

暗号資産が持ちうる金融安定化リスクから守るための政策を求めているのは、英国だけではありません。欧州連合(EU)の金融システムの安定性を確保する役割を担う欧州システムリスク委員会は最近、金融システムに影響を与える可能性のある暗号資産を緩和するために、世界中の規制当局と基準を設定したいと述べました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です