Bitcoin fund fees tumble amid ‘crypto winter banner image

「仮想通貨冬の時代」の中、ビットコインファンドの手数料が急降下

ファンドマネジャーは、仮想通貨の暴落が続く中、投資家をこの資産クラスに呼び戻すため、上場商品のコストを削減しています。

スイスの仮想通貨専門会社21Sharesは、弱気市場を乗り切ろうとする投資家を誘惑するために、ライバル会社や自社の主力商品をも下回るビットコイン価格を追跡する新しいビークルを発表しました。

ビットコインの価格は11月の高値から70%下落して19,430ドルとなり、上位500の暗号トークンの市場価値は3兆2千億ドルの高値から1兆ドル未満に落ち込んでいるため、あらゆる仮想通貨が売り込まれている中で、この発表は痛みを伴うものとなっています。

21Sharesの新しい上場証券は、総経費率がわずか0.21%です。これは、フィデリティやグローバルXといった企業がビットコインに関連した商品を0.4~0.7%で提供していた前回のコスト削減のラウンドを下回るものです。また、21Sharesの既存の1億6400万ドルの旗艦ビットコインETP(ABTC)が課す1.49%の手数料からもかけ離れています。

21Sharesの最高経営責任者兼創設者のHany Rashwan氏は、「当社の顧客の中には、他の顧客よりもコストに敏感な人もいるので、当社は、圧倒的に世界で最も安い仮想通貨ETPを開発するために非常に熱心に取り組んできました」と述べ、「我々は、ベアマーケット製品の開発に焦点を当てています。」としています。

しかし、チューリッヒに拠点を置くグループのBitcoin Core ETP (CBTC)には、裏があります。いくつかのライバルとは異なり、保有するビットコインの一部を貸し出すことができ、おそらくは低い手数料の中でも利益を得るためにそうするでしょう。

さらに、仮想通貨ETPは、証券貸付に厳しい制限を課す欧州のUcitsファンド制度の外にあるため、収益はファンドの投資家ではなく、21Sharesに入ることになります。Rashwan氏は、現在コインを貸し出していないと述べたが、「来月か2ヶ月以内に貸し出す可能性が非常に高いです。私たちは臨機応変に貸し出しを行います。」としています。

Rashwan氏によれば、融資は過剰担保となり、担保となるビットコイン、イーサ、あるいは、いわゆる「ステーブルコイン」のUSDコインは融資額の少なくとも115%に相当し、1日2回、市場実勢価格に連動して変動しているとのことです。ステーブルコインは、ドルなどの伝統的な通貨に固定されています。Rashwan氏は、過担保貸付を「信じられないほど安全」と表現しています。

投資調査グループNew ConstructsのCEO、David Trainer氏は、21Sharesのローンの仕組みは「合理的だと思う」としながらも、借り手がデフォルトする可能性があるというリスクが残っていると考えています。

「(仮想通貨が)下落し、低水準にとどまればとどまるほど、特定の企業が過剰なエクスポージャーを抱えていることに気づくだろう」と同氏は述べています。シンガポールを拠点とする仮想通貨ヘッジファンドマネージャーThree Arrows Capitalは先週、デジタル資産市場を覆う信用危機の最新の犠牲者となり、同社は清算に追い込まれています。

Rashwan氏によると、今回の取引開始は21Sharesの「crypto winter suite」の第一弾で、投資家が弱気市場を乗り切るための支援策だといいます。

その計画には、リスク調整された仮想通貨ETPが含まれており、潜在的な利益を放棄する代わりに、いくつかのダウンサイドプロテクションを提供し、「投資家がこの時点でより自信を持って投資できるように」するものです。

この商品は、ビットコイン、イーサのほか、より広範な仮想通貨インデックスをカバーする可能性があり、米国で人気を博しているバッファード(確定収益)型株式ETFと類似している可能性があります。

仮想通貨の危機にもかかわらず、関連するETPに対する熱意は依然として穏やかです。TrackInsightがモニターしている126のグローバル仮想通貨ETPは、今年に入ってから合計2億8200万ドルの純流入がありましたた。総資産は59億ドルとなっています。

21Sharesの資産は2021年11月のピーク時の30億ドルから10億ドルに減少していますが、Rashwan氏は同社のETPの総株式数は過去最高であり、再び純流入を示すと述べています。

「(仮想通貨は)世界を変えるものであり、ここにとどまるものです。機関投資家を含め、過去2回のブルランに乗り遅れた投資家が大勢います。我々は、多くの機関投資家がつま先を突き出し、時期が正しいかどうかを確認し始めています。」

コメントする