bank of russia slows down crypto

ロシア銀行、支払いを遅らせることで乱高下する仮想通貨購入を抑制

ロシアでは仮想通貨投資への関心が高まり続けており、ロシア中央銀行(CBR)は国内の銀行に対し、仮想通貨取引所への支払いを遅らせるよう助言しました。CBRのセルゲイ・シュヴェツォフ第一副議長は、この動きは資格のないロシア人投資家による感情的な仮想通貨購入を抑制することを目的としていると述べています。

同氏は、仮想通貨市場がゼロにクラッシュし、最終的に人々を破産に導く可能性について深い懸念を示しました。

「ハイテク金融のピラミッドとして、このすべてがゼロになるまで崩壊する可能性が高いのです。なぜ、崩壊するときに崩壊するのか?その理由は何百とあるだろうし、そうならないための答えも何十何百とあるだろう。我々から見れば、これは大きな地雷原です」と、国際銀行フォーラムでのスピーチでシュベツォフ氏は語りました。

しかし、シュベツォフ氏のコメントは、特に仮想通貨市場の関係者から否定的な反応を集めています。

Bestchange.ruのシニアアナリストであるNikita Zuborev氏によると、CBRが課した制限は、国内の仮想通貨分野に壊滅的な結果をもたらし、ロシア人の権利を侵害する可能性があるといいます。

「最も影響を受けるのは、ロシア連邦で登録されているOTC取引、つまり取引所のオフィスやP2Pプラットフォームのユーザーでしょう。また、マイナーはファームを運営し続けるために回避策を探さなければならず、マイニングしたコインをルーブルで売ることも問題になるでしょう」とZuborev氏は仮想通貨市場に関する雑誌、Forklogに語っています。

この最近の反仮想通貨規制は、ロシア中央銀行が商業銀行に対して、詐欺行為に関与している仮想通貨口座や電子ウォレットを特定してブロックするよう促した後に行われました。

さらに、銀行当局は、シャドーエコノミーで活動する仮想通貨アカウントを特定するための幅広い基準を発表しました。これには、多数の送信者または受信者、30回の現金入出金、1日に10万ロシアルーブルに達する頻繁な取引などが含まれます。

ロシア銀行が仮想通貨業界の受け入れに消極的な姿勢を示したのは、今回が初めてではありません。2019年、中央銀行は、仮想通貨は規制や透明性が全体的に欠如しているため、マネーロンダリングやテロリズムの資金調達に利用される可能性があり、非常にリスクが高いと判断しました。

また、2021年7月、CBRは、ロシアの証券取引所に対して、仮想通貨サービスを提供する外国企業の上場を避けるよう促す新たな規制を実施しました。

しかし、この国はそれだけにとどまらず、中国と同様のより厳しい規制を取り入れています。ロシアの金融監視機関であるRosfinmonitoringは、仮想通貨投資家の活動や行動を潜在的に追跡・特定することを目的とした新システムの立ち上げを委託しています。

最新の仮想通貨のアップデートや仮想通貨のニュースを知るには、このCryptoshimbunで閲覧を続けてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です