china crypto illegal banner image

中国の取り締まりにより、国内のすべての仮想通貨活動が禁止される

中国人民銀行は、9月24日(金)に、すべての仮想通貨関連取引は国によって不法な金融活動とみなされることを発表しました。この政府による取引とマイニングの全面的な禁止は、中国の仮想通貨産業にとってこれまでで最も厳しい打撃となります。

金融当局によると、禁止される仮想通貨取引活動にはオフショアの取引所も含まれます。さらに、人民銀行は、仮想通貨は不換通貨ではないため、中国の法律では法定通貨ではないので流通させることはできないとも付け加えています。

この最終的な打撃により、Huobi GlobalやBinanceなどの仮想通貨取引所は、中国本土の顧客とのビジネス関係を断絶することになりました。

Huobi Groupの共同設立者であるDu Jun氏は、ロイターへの声明の中で、この発表があった日に、同社は是正措置を取り始めたと述べています。中国本土の顧客の既存のアカウントも、年内には一掃される予定です。

仮想通貨ウォレットサービスを提供するTokenPocketも、中国の顧客に向けて、同グループが中国本土でのサービスを終了するという通知を送りました。同社は、政府が提起する規制を積極的に受け入れるとしています。

この包括的な規制は、本土の投資家がデジタル資産を売買することを困難にしていますが、新規制ではまだ、仮想通貨の所有が違法であるかどうかを宣言していません。ほとんどの投資家は、今でも暗号資産を所有し、海外で取引することができます。

Kaiko crypto data providerのリサーチャーであるClara Medalie氏によると、長年にわたる厳しい規制の中で、仮想通貨活動はすでに中国の外にシフトしているといいます。

「中国からのニュースは市場のセンチメントを揺さぶる可能性があるため、間違いなく市場に影響を与えますが、中国の別の禁止措置の実際の影響は、現時点では根本的な市場構造への影響は最小限です」とMedalie氏は述べています。

しかし、仮想通貨融資会社Nexoの共同設立者であるAntoni Trenchev氏は、中国の取り締まりの中で、ビットコインの膝を打つような価格反応について投資家に警告しました。「4万ドル弱からの最近の反発は、とりあえず一巡した可能性が高い」とTlenchev氏は述べています。

中国は、仮想通貨活動に対する政府の規制が厳しいにもかかわらず、長い間、ビットコインマイニングの震源地となっています。

Cambridge Bitcoin Electricity Consumption Indexが発表したデータによると、4月には世界のハッシュレートの約46%が中国のマイナーによって占められています。仮想通貨のマイニングには大量のエネルギーを必要とするため、このことは中国にとって温室効果ガスの排出を抑制するための懸念材料となります。

さらに、中国政府は以前から、マネーロンダリングや不正行為を懸念して、仮想通貨関連の活動に否定的な姿勢を示してきました。今回の仮想通貨取引とマイニングの非合法化は、これまでの規制通知で残されていた抜け道を塞ぐものです。Cryptoshimbunでは、中国のデジタル資産の取り締まりにおける最新の仮想通貨の情報をご覧いただけます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です