bor crypto investment banner

ロシア銀行、暗号投資を禁止するか許可するかを決定

Cointelegraph は最近、12月22日付の報道で、ロシア銀行が国内インフラを通じてではないが、依然として自国民が仮想通貨に投資できるようにしていると伝えた。

今回の発表は、Elvira Nabiullina 総裁が12月18日、ロシア銀行のユーチューブチャンネルで開かれたオンライン記者会見で、ロシア中央銀行が自国の金融監督機関として暗号の使用を制限する手段を持っていることを明らかにしてから数日後のことだ。

しかし、同報告書とは対照的に、副知事のVladimir Chistyukhin は12月20日、ロシアの有力ニュース誌であるTASSで、ロシア市民は依然として外国為替会社を通じて暗号化投資が可能だと明らかにした。

「ロシア市民と企業は仮想通貨を購入し保有する権利があるが、国内インフラや仲介業者を通じては保有できない」 今回の声明は、12月18日の記者会見でロシアが暗号化に関してどのような立場にあるかを明らかにした後、ロシア内の暗号化投資家に複雑なシグナルを与える。

ロシア金融当局は記者会見で、ロシア市民の暗号化投資を歓迎しないと明らかにした。 ロシア中央銀行Elvira Nebiullina 総裁によると、このような理由は仮想通貨が変動性があり、犯罪活動に活用される可能性があるためだという。

Nebiullina 総裁はこの言葉で「仮想通貨は高い変動性と不法行為への使用により個人投資家に大きなリスクをもたらし、そのような資産への投資を歓迎することはできない」と述べた。

これは、ロシア国家議会金融市場委員会の Anatoly Aksakov 委員長が12月16日の記者会見で、Cointelegraph が次のように述べた後に行われた。

「買収や所有など、仮想通貨の完全な禁止には、非常に厳しいアプローチがあります。 また、適切な暗号交換が必要なアプローチも存在します。このアプローチでは、すべてが合法化され、透過的で、規制機関にとって理解可能です。 ロシア連邦国税庁がそのような取引に課税する方が簡単だろう。

Anatoly は記者会見で、ロシアの金融監督当局が2022年に暗号化禁止か合法化交換かを選択しなければならないと言及した。 ロシア国民がすでに仮想通貨に約5兆ルーブルを投資したという12月20日、国務会議の聴聞会の報告書が発表された。 これを受け、ロシアの金融監督当局は Anatoly Aksakov が「仮想通貨に終止符を打つ必要がある」として措置に乗り出した。 私たちはこの現象をどのように扱うかを決めなければならない。したがって、法律では、何かを禁止したり制限したりすると、責任を明確にすることは非常に厳しい。」

暗号投資の適法性に対する明確な決定がなければ、ロシア政府は暗号産業に対する規制をより明確にするために努力するとVladimir Chistyukhin 副知事は述べた。 Chistyukhin はまた、地方当局が暗号化に関する法的イニシアチブを検討し、ロシアの金融システムにおける仮想通貨の役割に関する同国のビジョンを諮問報告書に詳細に記述することを約束した。 ただ、ロシア中央銀行がロシア金融市場で仮想通貨の居場所を見出せないことを示唆した。

すべての暗号化の詳細については、Cryptoshimbunを参照してください。アップデートを見逃さないようにしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。