Binance.sg winds down its services

Binance.sg、規制遵守のためシンガポールでのサービスを終了

12月13日、大手仮想通貨取引所プラットフォームBinance.sgは、公式現地サイトを通じて、シンガポールにおけるデジタル決済トークン(DPT)サービスを即日で「終了」することを発表しました。同投稿では、Binance Asia Services Pte Ltd. (BAS) がシンガポール通貨監督庁(MAS)へのライセンス申請を取り下げる予定であることにも触れています。

また、同取引所は、2021年12月13日時点で、一定のタイムラインを設けると指摘しました。これには、自社サイトへの新規ユーザー登録を一切認めず、顧客熟知(KYC)を通過していない既存ユーザーはアカウントを停止することが含まれています。さらに、ユーザーはBinance.sgで仮想通貨やフィアットを預けることができなくなります。

しかし、Binanceによると、彼らは「2022年1月12日まで、既存の資産を使用して仮想通貨を売買する」ことが許可されています。そして、同社はユーザーに対して、できるだけ早くBinance.sgから仮想通貨とフィアットを引き出し始めるよう促しています。

2022年1月13日以降、Binance.sgは、ユーザーが既存の資産から暗号を売買することを認めなくなります。彼らは、取引所のすべてのアカウントが永久に閉鎖される2022年2月13日まで、「仮想通貨を引き出し、サードパーティのウォレットに移動する」ことだけが可能です。

設定された期限を過ぎると、同社はユーザーに資産を引き出し、アカウントにアクセスすることを許可しなくなります。同社の声明にあるように、「暗号資産はエスクロー口座に保管され、フィアット資産はStraitsX Personal Accountに移されます」。

Binance Singaporeによると、サイト閉鎖後に資金を回収したいユーザーは、同社の顧客サービス([email protected])に連絡して必要な手配をする必要があるとのことです。しかし、これには「1ヶ月あたりの残りの暗号資産残高の5%のメンテナンス料と、このサービスのために転送される残りの暗号資産の20%の1回限りの管理料」といった特定の手数料がかかります。

Binance.sgはライセンス申請を取り下げましたが、仮想通貨ニュースサイトCointelegraphのレポートにあるように、シンガポール市場ではまだ存在感を示すことになります。BinanceのChangpeng Zhao最高経営責任者は、この最近の発表がシンガポールの民間証券取引所Hg Exchange(HGX)との最近の取引に関連していることを昨年12月13日にTwitterで明らかにしました。彼らは昨年12月7日にプレスリリースを通じて、HGXに18%のポストマネー出資を行ったと発表しました。

今すぐクCryptoshimbunを閲覧して、最新の仮想通貨ニュースやアップデートについてもっと知ってください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。