Bankrupt crypto lender banner

倒産した仮想通貨金融機関Celsiusがまたもやトップと共同設立者を失う:内部メモ

S. Daniel Leon氏(倒産した仮想通貨融資プラットフォームCelsiusの共同創設者兼最高戦略責任者)が退任したと、この問題に詳しい人物とCNBCが閲覧した内部メモが伝えています。

Leon氏の退任は火曜日に発表されました。彼の退任は、同社のCEOであるAlex Mashinsky氏が辞表を提出した1週間後のことでした。

これまで同社のグローバル税務ディレクターを務めていたLior Koren氏が後任となり、イスラエルで活動することになるとメールには書かれていました。CelsiusはCNBCへの電子メールでLeon氏の辞任を確認しました。

ニュージャージー州ホーボーケンを拠点とするCelsiusは6月、いわゆる仮想通貨の冬と業界全体の流動性逼迫の中で顧客口座を凍結し、大きな話題となりました。

凍結前、Celsiusは、クライアントへのローンが80億ドル以上、管理下の資産が120億ドル近くある最大の仮想通貨融資プラットフォームの1つでした。同社は、仮想通貨預金に17%という高い利回りを提供することで、170万人の顧客を集めていました。

その裏では、Celsiusは顧客の資金を、さらに高い利回りを支払うことを望むヘッジファンドなどに貸し出していました。また、CNBCと共有された内部文書によると、他のリスクの高い仮想通貨プロジェクトに投資していました。

Celsiusは7月、バランスシートに12億ドルの穴を空けて連邦破産法第11条の適用を申請しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です