binance banner

バイナンスはフォーブス誌と2人のジャーナリストに対して訴訟を起こした

フォーブス誌が「太極実体(Tai Chi entity)」表題の「バイナンスが米国の規制を回避」という名誉毀損の疑いのある記事を公開した後、仮想通貨取引所バイナンスは報復します。当該する取引所は最近、有名なメディア企業と所属のジャーナリストの2人であるマイケル・デル・カスティロ氏とジェイソン・ブレット氏に対して訴訟を起こしました。

2020年10月29日に公開されたフォーブスのオンライン記事によると、大手仮想通貨取引所バイナンスが、米国のサイトからメイン会社に資金を吸い上げている間、Binance.USというローカル子会社を立ち上げることによって米国の規制を回避することを意図的に計画していたことを掲載しました。

この記事は、取引所が「意図的に規制当局を騙す」、同時に「潜在的な顧客は地域制限を回避する方法を教えられる」ための精巧な計画を考案したと主張しました。

この告発は、漏洩したライドショーに基づいていた。フォーブスは、この文章は元バイナンスの従業員であり、現在はサンフランシスコを拠点とする取引所の創設者であるHarry Zhou氏によって書かれたと指摘しました。スライドショーによると、Zhou氏は、米国の厳しい規制を遵守することを装って、米国の子会社からバイナンス本社に直接利益を循環させる計画を立てました。

バイナンスの創設者兼CEOのChangpeng Zhao氏(CZとも呼ばれる)は、発表日で一連のツイートで、記事の記述と告発が不確実であると主張しました。「バイナンスは常に法律に準拠して運営している」とCZ氏はさらに主張し、記事と事実関係を否定しました。

この仮想通貨の億万長者は、彼の会社は常に適切なライセンスを取得して、アプリケーションですべての業務を展開し、法律の範囲内に行っていると指摘しました。バイナンスは、有名な法執行機関と協力することで、特に米国、シンガポール、英国などの国に国際的な子会社の取引所を成立する際に、すべての業務が法律に準拠していることを保証することはできます。

しかしながら、報道に対するバイナンスの反応は、CEOの主張だけでは十分ではありません。記事が公開されてから20日後、バイナンスは、フォーブス誌と、記事を書いた2人のジャーナリストであるマイケル・デル・カスティロ氏とジェイソン・ブレット氏に対して、ニュージャージー州の裁判所で正式に訴訟を起こしました。マルタに拠点を置く取引所は、この記事が誹謗中傷にあたり、数百万ドルの損失を引き起こしたと指摘しました。これに応えて、バイナンスはメディアグループに補償と懲罰の両方から損害賠償を請求しています。

提出された訴訟では、バイナンスは、「この記事には、バイナンスに関する不実な誤解、中傷的な発言が多数含まれている」と宣言しています。彼らは、漏洩したスライドショーとその事実内容がバイナンスによっても、現在の従業員や元従業員によっても作成されたものではないという太極実体文書の主張を否定しています。

名誉毀損の訴訟とは別に、バイナンスは、記事の公開により、会社が数百万ドル相当の重大な損害を被ったという苦情も提出しました。重大な損害が事実であると証明することは、名誉毀損訴訟に勝つための戦略です。彼らは最近、ハルク・ホーガンのような成功したクライアントを代表し、別のコングロマリットのゴーカー・メディアを取り込んだことで広く知られている弁護士であるチャールズ・ハーダーのサービスを問い合わせしています。

CryptoShimbunで最新のニュースや記事をご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。