ADA仮想通貨とは何ですか?どのように実行されますか?

仮想通貨業界は本質的にすべての市場で自由に運行します。誰でも自分の会社を立ち上げ、自分の通貨を発行し、新しいブロックチェーンを開発することができます。新しいシステムが作成されるときはいつでも、現状を改善し、以前の開発者によって解決されなかった問題を解決することを目指しています。

ADAは、業界に参入した最新のコインの1つであり、発行年限がそれほど長くないが、巨大な潜在性を示しています。取り込んでいる問題と、今日絶えず変化する世界に導入している解決策を発見してください。

ADAとは何か

ADAとは、カルダノエコシステムのネイティブユーティリティコインです。世界初のコンピュータ・プログラマーであるエイダ・ラブレスにちなんで名付けられたADAは、2017年に発行され、2017年の仮想通貨ブームに乗りました。

業界の他のコインに比べて発行時間が短いが、ADAは引き続き驚かせた結果を示し、発行時間の長いコインと継続的に競合しています。今日では、時価総額からいえば、仮想通貨トップ10になり、ADAは30億米ドル以上がシステムを循環しています。

カルダノを理解する

ADAをより適切に理解するために、まず生きて繁栄するエコシステムであるカルダノを知る必要があります。カルダノはチャールス・ホスキンソンによって創立され、分散型アプリケーションとスマートコントラクトが運行できる第3世代のブロックチェーンシステムとして定義されています。カルダノは、前任者が残した問題を解決することを約束し、スケーラビリティ、インターオペラビリティー、持続可能性の観点から、ブロックチェーンテクノロジーに多くのソリューションを導入しています。

カルダノはスマートコントラクトプラットフォームであるだけでなく、決済も対応できます。したがって、このシステムはdAppを採用すると同時に、ユーザーがADAを使用してお互いに取引することを可能にします。ある意味で、カルダノはビットコインとイーサリアムを1つのネットワークに整合し、取引の実行を可能にし、1つのプラットフォームでアプリケーションを構築することで境界を打ち破ります。

単一のエンティティによって作成された論文と比較して、これは審査できるホワイトペーパーを発行した最初のものでした。カルダノ白書は学者や業界の専門家のグループによって作成され、2年以上にわたる完全な調査プロセスにより、業界の専門家が白書の内容を校正し、承認されるまで改善してきました。

カルダノがどのように機能するか

カルダノは多くの事項を約束しましたが、これまで、大きな成果を上げています。時価総額リストの上位に位置し、世界中の大手取引所にリストされていることは、成長と発展の兆しを示しています。

スケーラビリティを解決するために、カルダノプラットフォームは、革新的なウロボロスコンセンサスアルゴリズムを活用し、すべての約束を果たすように努力しています。

スケーラビリティを解決する

スケーラビリティは仮想通貨業界では長年にわたって残された問題です。それは、分権化と人々への権力の還元と引き換えるための犠牲です。しかしながら、厳しい状況のままで行う必要がありません。

カルダノは、ウロボロスと呼ばれるプルーフオブステークコンセンサスモデルを活用することで、スケーラビリティの問題を改善します。ビットコインブロックチェーンで使用されている厄介なプルーフオブワークモデルの代わりに、作業をノードに割り当てることで、コンピューティングノードを効率的に利用します。

ウロボロス:プルーフオブワークではなく、プルーフオブステークです

ビットコインブロックチェーンでは、採掘者は取引を検証するために互いに競争し、奨励を受け取るためにそれをブロックチェーンに配置します。ハッシュ関数のアルゴリズムの計算に十分に速くない人は、次回よりもうまくいき、最初にフィニッシュラインに到達することを望んでいます。そうしないと、努力が無駄になってしまいます。

労力、時間、精力を無駄にする代わりに、ウロボロスのコンセンサスアルゴリズムは、すべてのブロックの検証ノードまたはスロットリーダーを委任して、誰の時間を無駄にしません。カルダノは時間をいくつかの時期に分割し、さらにいくつかのスロットに分割します。スロットごとに、スロットリーダーが割り当てられ、取引を検証してブロックにグループ化します。

プルーフオブステークコンセンサスモデルに従って、保有するコインの数量とステーキングの期間によって、バリデーターとしての価値が決められます。つまり、スロットリーダーと見なされても、かなりの数のADAを所有する必要があります。保有する時間が長いほど、コインの数量が多いほど、ネットワークのステークが多いほど、ブロックプロデューサーとして任命される可能性が高くなります。

現在、カルダノは1秒あたり最大250の取引を処理できます。

RINAについて:再帰的インターネットワークアーキテクチャ

スケーラビリティをさらに向上させるために、カルダノは帯域幅の問題と、検証をどのように遅らせるかに関連することを認識しました。ピアツーピアネットワークがうまく機能することを保証するために、十分な帯域幅が必要です。数千の検証者と限られた帯域幅により、1秒あたりの大量の取引処理は不確実でしょう。

カルダノは、数が制限されたバリデーターが共有するサブネットワークを作成することでこの問題を解決し、より広い帯域幅を活用し、より高速でデータを検証することを実現します。これらのサブネットワークの小さなグループは再帰的インターネットワークアーキテクチャまたはRINAと呼ばれ、必要なときに相互に通信できます。

インターオペラビリティーを解決する

カルダノの目的は、将来的には「ブロックチェーンのインターネット」になることです。今日、何千ものブロックチェーンとネットワークが相互に通信していません。資産をあるネットワークから別のネットワークに移行するには、資産を処理するための仲介者が必要です。

カルダノは、ブロックチェーン間のすべてのチャネルを開き、異なるネットワーク間で資産をシームレスに転送することで、インターオペラビリティーを解決しようとしています。こうするように、取引の時間と効率が改善するだけではなく、より統合されたエコシステムが作成されます。

可持続性を解決する

仮想通貨イニシアチブは、主にイニシャルコインオファリングまたはICOによって融資されています。コインを低価格で提供し、コインとそれを支えたテクノロジーの明るい未来を約束することで、企業は必要な資本を構築し、プロジェクトの開発を続いて行います。しかし、最終的には、この資金は使い果たし、別の収入源を探さなければなりません。

この問題を解決するために、カルダノはネットワークの普通預金口座として機能する金庫を作成しました。ネットワーク経由のすべての取引について、料金のほんの一部が金庫に追加され、将来の開発資金として利用できます。

カルダノ:世界をより明るい未来へと導く

カルダノは知識を追求する中で、研究に支えられた第3世代のブロックチェーンテクノロジーで、世界中の人々をより良い世界にもたらすためのロードマップを作成しました。この野心的でありながら実現可能な未来には、期待できることがたくさんあるでしょう。同時に、CryptoShimbunで仮想通貨に関するすべてのことを常に把握してください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です