bitcoin sv banner games

Bitcoin SVについて知っておきたいこと

ビットコインが市場に登場したことで、他の仮想通貨の誕生への道が開かれました。非中央集権的な基盤技術を持つビットコインは、日々の取引に費用対効果と透明性の高いプロセスを提供することで、通貨システムに革命をもたらしました。

初期のビットコインでは、ブロックチェーンが毎日の何千もの取引に圧倒されていなかったため、小さなコミュニティでも管理できました。しかし、ビットコインが成長して主流になると、ブロックチェーンがリクエストで混雑し、取引の処理速度に影響を与えるようになりました。

このため、多くの仮想通貨コミュニティのメンバーは、絶え間ない遅延が取引手数料の増加を意味し、スケーラビリティの問題につながることを懸念しました。この問題を解決するために、ビットコインのハードフォークが導入されました。

ビットコインSV創世期

2017年、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決する試みとして、ビットコインキャッシュ(BCH)が実装されました。元々のBTCのブロックサイズを大きくしたことで、より多くのデータを短時間で処理できるようになったのです。

ビットコインキャッシュは1秒間に116件のトランザクションを処理できますが、オリジナルのビットコインネットワークでは7件しか処理できず、世界規模で採用されるとしたら理想的な数字ではありません。しかし、多くのアップデートが行われたにもかかわらず、BCHはまだ十分な堅牢性を備えていないため、再度ハードフォークが行われ、ビットコインSVが誕生しました。

ビットコインSVとは?

ビットコイン・サトシ・ビジョンとも呼ばれるビットコインSVは、2018年11月15日に開始されたビットコインキャッシュのハードフォークで、BCHのスケーラビリティの問題に対処し、ビットコインプロトコルの最初のバージョンを復活させることを目的としています。ビットコインSVのプロトコルは、もともとブロックサイズが128MBでしたが、2019年のクエーサープロトコルアップグレード後は、さらにブロックサイズが2GBになりました。ビットコインの元々のブロックサイズである1MBと比べると、このサイズはかなり大きいものです。

ブロックサイズに余裕があるため、ノードはマイニングしたいブロックサイズを調整でき、マイナーはより多くのトランザクションを処理できるようになりました。その結果、マイナーはより大きなインセンティブを早いスピードで受け取ることができ、チェーン上にトランザクションのブロックを増やす原動力となるのです。

ビットコインSVは、ビットコインやビットコインキャッシュと同じ「SHA-256」というマイニングアルゴリズムを使用しています。このタイプのアルゴリズムは、SHA-256コードを認識するデバイスでのみ使用できます。3つのバージョンのBitcoinで同じマシンとアルゴリズムを使用しているため、マイニング時にどのトークンが最も収益性が高いかをマイナーが選択することができます。

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインSV:その違いは?

一見すると、この3つの資産は似たようなトークンのように見えますが、3つの間には大きな違いがあります。例えば、ビットコインは投資家から世界のデジタルゴールドと呼ばれていますが、これは多くのユーザーが日々の取引で資産を使うのではなく、長期的に保有するためです。

一方、ビットコインキャッシュ(BCH)は、日常的な取引のための仮想通貨を目指しています。しかし、現在のブロックチェーンのスケーラビリティは、日常的な使用のためにシームレスなトランザクションを採用するには十分な堅牢性がありません。

最後に、ビットコインSVは、マイナーのインセンティブを高め、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、取引手数料を下げることで、グローバルな通貨システムとしてのビットコインまたは「サトシのビジョン」の本来の姿を取り戻すことを目指しています。

知っておきたいビットコインSVの機能

スケーラブル

米国の暗号化取引所Geminiの記事によると、ビットコインSVは1秒間に少なくとも300件のトランザクションを処理することができます。ビットコインSVチームは、GBTN(Gigabit Testnet)と呼ばれるアルゴリズムを使用しており、なんと5,500件もの取引に対応できるといいます。

2020年5月、ビットコインSVはTAALサービスプロバイダーをチェーン上に統合し、369MB分のブロック、または少なくとも130万回のBSVトランザクションを追加した。ビットコインSVのブロックサイズは2GBのままですが、この偉業は、BSVがビットコインやビットコインキャッシュに比べてさらに強固なサービスを提供する道を歩んでいることを証明しています。

安全性

ビットコインSVはグローバルなデジタル通貨を目指しており、その実現のために開発者はブロックチェーンの安全性を確保しました。発売前に、BSVチームはマイニングノードシステムに対していくつかの品質保証テストを実施しました。これにより、すべてのトランザクションが厳格な検証と認証のプロセスを経るよう、完全なトレーサビリティを実現しました。

ジェネシス・アップグレード

ビットコインSVでは、ジェネシスアップグレードを実施し、ビットコインプロトコルのオリジナルバージョンを完全に復元しました。これには、2008年に発表されたビットコインホワイトペーパーに含まれていた機能が含まれています。

ジェネシス・アップグレード後、ネットワークのブロックサイズは2GBに拡大され、これによりビットコインSVはより多くの取引量に対応できるようになり、マイナーの採掘料も増加しました。最終的にジェネシス・アップグレードは、BSVブロックチェーンの制限を取り除き、ライトニングネットワークなどのサイドチェーンを統合することなく機能します。

ライトニングネットワークは、スケーラビリティの問題に対処するためにブロックチェーンに重ねられた技術です。しかし、このプロトコルは、本来マイナーに与えられるべきインセンティブを低下させ、ユーザーの取引手数料を増加させます。

ビットコインSVはどこから購入できるのか?

Coingecko

Coingeckoは、幅広い種類の仮想通貨を購入できるトップの取引所の1つです。現在、BSVトークンを購入できる最高の場所の一つです。執筆時点では、BSVを176.11ドルで提供しています。BSVを購入する際には、サイトで概要を確認することができます。また、市場のチャート、履歴データ、取引を試したい場合は他の暗号市場も紹介しています。

BuyBSV.com

BSVを入手できるもう一つの場所は、BSVトークンを購入するための公式ページであるBuyBSV.comです。購入に使用したい通貨を選択するオプションがあります。あなたがすべきことは、通貨タブを微調整し、購入したいトークンの数を選択することです。さらに、受け付けているクレジットカードの選択肢と、各カードの限度額の上限も表示されます。

その他の仮想通貨のニュース、アップデート、情報については、Cryptoshimbunをチェックしてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。