brazillian banner iamge senate

ブラジル上院、仮想通貨を合法化・規制する法案を承認

ブラジルの上院は、決済手段や取引における仮想通貨の使用を規制・合法化するための「ビットコイン法案」を可決しました。2015年以来、この条項はブラジルの下院で議論されており、現在、国内で実施される可能性がある時点に到達しています。

ブラジルのCoin Telegraphの報道によると、上院がこの法案を可決したため、今年の前半までに国民議会で承認される可能性が高いとのことです。

仮想通貨はブラジルの投資家や様々な企業に広く利用されていますが、新しい枠組みでは、より規制の厳しい設定が可能です。この規定では、ガイドラインを守れない事業者は、少なくとも8年間は刑務所に入るものとされています。

現在、政府によって処理されている仮想通貨関連法案は2つあります。さらに明確なガイドラインを作るため、政府は経済におけるデジタル資産の機能に完全に焦点を当てた追加条項を添付しています。

Iraja Abreu上院議員は、この法案の通過を承認した議員の一人です。彼は、より合理的なプロセスのために、2つの当該法案を1つにまとめることの重要性を議論しています。

「私は、非常に良い仕事をした商工会議所の報告者と連絡を取りながら、あらゆることを行っています。中央銀行の技術チームも非常に役立っている。文章も似ていて、1つに収斂されている」と同議員はしています。

さらに、「プロジェクトを結合させることで、この仮想通貨のマイルストーンの承認を加速させた。ブラジルを国際的な合意に合わせることに加え、より安全なビジネス環境と、詐欺を避けるための犯罪者分類の必要性が市場から求められているのです」と同議員は述べています。

この法律が施行されると、デジタル資産を規制する条項を起草する団体を任命する権限を大統領に与えることになります。証券取引委員会(CVM)とブラジル中央銀行(BC)の2つの機関が、この仕事に任命される可能性があります。

承認されれば、ブラジルは、仮想通貨の使用を経済に導入している世界中の国々のリストに加わることになります。他の例としては、2021年9月の時点でビットコインが正式に法定通貨とみなされたエルサルバドルがあります。Cryptoshimbunでは、最新の仮想通貨ニュースやアップデートの概要をご紹介しています!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。