digital yuan wallet en banner

中国中央銀行、人民元デジタルウォレットの試験運用を開始

中国人民銀行は、独自のデジタル通貨をリリースする計画の一環として、デジタル通貨研究所がデジタル人民元ウォレットアプリのテスト版を開発し、1月4日に発売を開始しました。e-CNY(パイロット版)と呼ばれる当該モバイルアプリケーションは、現在、iOSおよびAndroidのアプリケーションストアを通じてダウンロードすることができます。

BlockBeatsという中国の現地ニュースソースは、人民元のデジタル取引とウォレット管理のために、ウォレットアプリの初期バージョンを中国のユーザーがダウンロードできるようになったと述べています。

「e-CNYアプリがiOSとAndroidのアプリストアで利用できるようになりました。このアプリは、中国のCBDCが個人ユーザーが試験的に実施するための公式サービスプラットフォームで、e-CNY個人ウォレットの開設と管理、e-CNYの交換と流通サービスを提供します」とBlockBeatsはツイートで発表しています。

しかし、ロイターの報道によると、このアプリケーションはまだ初期段階であり、実験的な段階であるとのことです。本稿執筆時点では、大手銀行を含むe-CNYサービスを提供する特定の機関チャネルを通じて、一部のユーザーしかアクセスできません。さらに、このアプリケーションは、深セン、蘇州、雄安、成都、上海、海南、長沙、西安、青島、大連など、人民元の試験運用を行っている中国の都市に限定されています。

中国は依然として、世界の中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発のフロントランナーであり、まだ初期段階にある国々を追い越しています。2021年11月9日、中国人民銀行の易綱総裁は、プライバシー管理や決済システムとの相互運用性など、利用方法やデザインを強化した独自のCBDCの開発を進めると発表しました。

「PBoCは、世界中の中央銀行、国際機関、仮想通貨団体と協力することを望んでいる。我々はすでに国際決済銀行、タイ銀行、アラブ首長国連邦中央銀行、香港金融管理局とmCBDCブリッジを立ち上げた」と、易綱氏は去る2021年11月9日、フィンランド銀行新興経済研究所30周年会議のバーチャルセッションで述べました。

PBoCによると、デジタル人民元は2022年2月の北京冬季オリンピック期間中に外国人観光客が活用することができます。また、このデジタル通貨は、WeChat PayやAlipayといった中国最大のモバイル決済システムに対抗することを目的としています。

仮想通貨の最新情報や仮想通貨ニュースについてもっと知りたいですか?Cryptoshimbunで引き続きご覧ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です