stable coin news banner image

ステーブルコインと仮想通貨市場におけるその役割

仮想通貨市場は、広大で不安定な市場です。トレーダーはテクニックや戦略を駆使してリスクを最小限に抑え、投資をさらに進め、将来的に利益を上げることを望んで最善を尽くしています。そのために彼らが行っていることの1つが、ステーブルコインの利用です。この点については、ステーブルコインの定義と、世界中のトレーダーに提供するものについて、これから詳しく説明します。 

ステーブルコインとはどのようなもので、どのように機能するのですか?

ステーブルコインは、金や不換紙幣のような物理的な商品によって部分的に裏付けされた仮想通貨の一形態です。その名前が示すように、ステーブルコインは、投資を選択した人に、より安定性を提供することを意図しています。

この通貨は、政府が保証する予約資産と部分的に結びついているため、市場の他の仮想通貨と比較して変動が少なくなっています。その結果、投資家は価格の上昇や下落を心配する必要がなく、自分の資産をステーブルコインに変換すれば、市場の押し引きに影響されないという安心感が得られます。

ステーブルコインの価値は、バッキングと呼ばれるプロセスによって維持され、担保設定とも呼ばれます。これは、特定のアルゴリズムに従って基準資産を売買することで、清算のリスクを回避する仕組みです。

ステーブルコインのホワイトペーパーは、2012年にJ.R.ウィレット氏によって初めて紹介されました。それ以来、このアイデアは軌道に乗り、数十億ドルがこのユニークな種類の仮想通貨に投資されています。 

ステーブルコインの種類

現在、ステーブルコインには、以下の3つの種類があります。 

フィアット担保型ステーブルコイン 

不換紙幣や埋蔵金を担保にするタイプのステーブルコインです。現在は米ドルが主流ですが、金や銀、石油などのコモディティを担保にすることも可能です。 

仮想通貨担保型ステーブルコイン

最初のタイプのステーブルコインが現物商品で裏打ちされているとすれば、仮想通貨担保型ステーブルコインは他のデジタル通貨で裏打ちされています。この意味でのボラティリティを回避するために、ステーブルコインはもう一度担保されます。つまり、より多くの仮想通貨が準備金として保管される一方で、ステーブルコインの発行量は変わりません。 

非担保型ステーブルコイン

前の 2 つに比べ、このタイプのステーブルコインは準備金を全く利用しません。その代わり、価格安定を維持するために供給を自動的に調整する一定のプロセスやメカニズムに依存します。

例えば、スマートコントラクト(買い手と売り手の間の契約で、コードで封印され、変更できないもの)の利用が挙げられます。これにより、ステーブルコインは、供給量が変化しても安定した価値を維持することができます。 

ステーブルコイン:仮想通貨市場にもたらすもの 

市場におけるステーブルコインの主な目的は、投資家に安定性とより安定した取引体験を提供することです。これにより、市場の価値の急激な上昇や下落を心配する必要がなくなり、代わりにゆっくりとした、より予測可能なプロセスに頼ることができるようになります。 

ステーブルコインは、迅速な送金や支払いに最適です。価格変動に影響されないよう、コインを送る前にステーブルコインに変換する人もいます。一方、投資家も、夢中になっているときに、自分の資産を価格下落から守るために利用しています。

例えば、寝る前にビットコイン(BTC)をテザー(USDT)に交換しておけば、起きたときに自分の資産が市場の動きに影響されないので安心です。その後、USDTをBTCに戻して取引や投資に利用することができます。

投資に最適なステーブルコイン  

仮想通貨の中でもボラティリティが低く、素晴らしい形の仮想通貨についてこれだけ話題になると、どうすれば自分で手に入れられるのか知りたくなるのではないでしょうか。素晴らしいニュースは、マーケットキャップと取引量がますます増えている様々なステーブルコインがたくさんあるということです。以下のリストをチェックして、これらについてもっと知ってください。 

テザー (USDT)

数あるステーブルコインの中でも、テザーは最も人気のあるコインの1つであることに変わりはありません。2014年に初めて発売され、以前はリアルコインという名前でした。テザーは米ドルを担保として紐付けされており、現在の時価総額は782億6000万ドルとなっています。 

ダイ (DAI)

ダイは、不換紙幣や現物商品の代わりに、イーサリアムベースの通貨でカバーまたはバックアップされています。このステーブルコインは2017年12月から存在し、その後、最高のステーブルコインの1つとしての地位を維持しています。DAIは現在、93億9000万米ドルの時価総額を持っています。 

Binance USD (BUSD)

世界最大の仮想通貨取引所によって立ち上げられたBinance USDは、2019年9月に初めて投資家に紹介され、BinanceとPaxos(決済サービス、仲介、安定コインと連携するマルチライン仮想通貨プラットフォーム)のコラボレーションを特徴としています。現在、BUSDの時価総額は146億4,000万米ドルです。 

USD Coin (USDC) 

Binanceがステーブルコインに関与したなら、業界内のもう一つの大きな仮想通貨取引所であるCoinbaseも同じです。2018年9月に初めてローンチされたUSD Coinは、現在の時価総額が426億1000万米ドルで、担保として米ドルに依存しています。このリストにあるさまざまなステーブルコインのうち、USDコインは時価総額で2番目に大きなコインです。

これらのステーブルコインのいくつかを見て、取引する際にあなたの好みに合うかどうか必ず確認してください。これらは市場で最高のものであり、あなたのポートフォリオに加わる素晴らしいものとなりますので、ご安心ください。 

今すぐ投資してステーブルコインについて学ぼう!

ステーブルコインのようなデジタル資産に関する知識を深めることは、投資を向上させるための第一歩です。さて、何を待っているのでしょうか?今すぐステーブルコインへの投資に挑戦し、増え続けるデジタル資産のポートフォリオに加えましょう。すべてのトレーダーがもっと知るべき価値ある投資であることがわかるはずです。

Cryptoshimbunにアクセスすると、ステーブルコインの意味やその他の仮想通貨コンテンツについてもっと知ることができます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。