coinbased price banner news

コインベース、株式市場デビュー時の価格は1株あたり328米ドル

サンフランシスコを拠点とする仮想通貨取引所プラットフォーム「Coinbase」は、4月14日の株式市場デビュー時に、時価総額620億米ドル、1株あたりの最終価格328.28米ドルで取引を終了しました。さらに、この新興企業は、米国で上場した最初の大手仮想通貨交換プラットフォームとなりました。

株式は381米ドルで始まり、数時間のうちに1取引あたり429.50米ドルまで急速に上昇しました。コインベースは、新規株式公開(IPO)という伝統的な方法ではなく、直接上場して株式を売却することにしました。これにより、従業員や既存のステークホルダーが市場価格で株式を売却できるようになりました。

仮想通貨業界にとって歴史的な快挙

ウォール街や金融規制当局から長年にわたって懐疑的な目で見られてきたCoinbaseの株式公開は、暗号市場にとって記念すべき偉業と考えられています。ベンチャーキャピタルファンドTusk VenturesのCEOであるBradley Tusk氏によると、従来のトレーダーは、仮想通貨業界を温めている可能性があるといいます。

「人々は長い間、仮想通貨に対して疑問を持っていました。そして、私は彼らを責めるつもりはありません」と、National Public RadioのインタビューでTusk氏は述べています。

「しかし、意図していたかどうかにかかわらず、仮想通貨は資産クラスになりました。本当にバランスのとれたポートフォリオを求めている人たちが、仮想通貨に参入したいと思っているのです」と同氏は付け加えました。

CNBCでは、今回の出来事を仮想通貨の最大の分岐点と言われているとはいえ、デジタル資産のボラティリティ(変動性)については、長期的にCoinbaseの株価に影響を与える可能性があるという懸念がまだ残っています。

しかし、サセックス大学ビジネススクールのエコノミスト兼ファイナンス教授であるCarol Alexander氏は、そうではないと考えています。CNBCとのインタビューでは、規制や運営面でのリスク管理は、競合他社に比べてCoinbaseの方がはるかに優れていると述べています。

「彼らは手数料とカストディサービスからの強固な収益源を持っています。KrakenやGeminiのような中央集権的な取引所には、本当の意味での競争相手はいません」と彼女は言います。

3月31日現在、Coinbaseは世界の仮想通貨資産の11.3%を保有しています。投資・銀行系金融会社BTIGのアナリストによると、これがナスダック取引でのこの仮想通貨企業の強気の走りを後押ししたといいます。

米国で最も人気のある消費者向けの仮想通貨取引所であるCOINは、米国および国際的に規模を拡大し続けているため、ビットコインやその他のデジタル資産の採用拡大の主要な受益者となる立場にあると考えています」と、この金融会社は顧客向けのメモで述べています。

2021年第1四半期のCoinbaseの収益は18億米ドルと推定され、これは昨年同時期の収益の9倍にあたります。さらに、CNBCの報道によると、取引所のユーザー数は3カ月の間に280万人から610万人に増加したといいます。

Cryptoshimbunでは、最新の仮想通貨情報をお届けしています!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です