Crypto Markets Dips Banner

FRB議事録の公開でビットコイン、仮想通貨市場が下落

米連邦準備制度理事会(FRB)が7月の会合議事録を公表し、インフレを抑制するために利上げを継続すると述べたことを受けて、仮想通貨市場は本日下落しました。

ビットコインの価格は、FRBの発表後の1時間で0.9%下落し、この日は2.4%下落しました。イーサリアムは0.9%下落し、この日は2%下落しています。

時価総額で世界最大の仮想通貨は、本稿執筆時点では23,303.53ドルで取引されています。そしてデジタル資産第2位のイーサリアムは、1,844.10ドルで取引されていたことがCoinGeckoのデータで明らかになりました。

このニュースを受けて株式市場も下落し、ダウ平均は0.1%、S&P500は0.2%、ナスダックは0.6%、それぞれ下落しています。

米中央銀行が7月26~27日に開いた議事録では、労働市場が好調で失業率が非常に低いにもかかわらず、インフレ率がまだ高すぎること、そしてそれがまだ落ち着く兆しがないことが明らかになりました。

「参加者は、インフレ率が依然として受け入れがたいほど高く、委員会の長期目標である2%を大幅に上回っていることを確認した」と議事録は述べています。

さらに、「ある時点で」利上げペースを落とす必要があるが、それは今後のデータ次第であると付け加えています。

米国のインフレ率は現在、40年来の高水準にあります。さらに世界のほとんどの国も物価上昇に悩まされています。

ビットコイン、イーサリアム、そして仮想通貨市場の事実上すべての他のコインとトークンは今年、米国株式と大きな相関関係があります。

仮想通貨を保有する投資家の多くは、ハイテク株のような「リスクの高い」資産と一緒に仮想通貨を売却し、代わりに米ドルを保有することを好んでいます。このため、世界最大の基軸通貨であるドルは、容赦なく上昇しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です