South Korea to Block KuCoin Banner

韓国、無登録の仮想通貨取引所の取り締まりでKuCoinとPoloniexをブロックへ

韓国の顧客は12以上の仮想通貨取引所へのアクセスを失う可能性があり、地元当局は適切な登録なしに国内で営業しているとする外国企業を厳しく取り締まっています。

韓国の金融委員会(FSC)が木曜日に発表したプレスリリースによると、約16の未登録プロバイダーが、適切な当局に登録することなく韓国人にサービスを提供していることが確認されています。

FSCの情報部門は、これらのプラットフォームを国の捜査当局に報告し、国内のウェブサイトへのアクセスをブロックするよう要請しました。

問題の取引所は、KuCoin、MEXC、Phemex、XT.com、Bitrue、ZB.com、Bitglobal、CoinW、CoinEX、AAX、ZoomEX、Poloniex、BTCEX、BTCC、DigiFinex、Pionexであると指摘されています。

FSCによると、これらの企業は韓国語のウェブサイトを開設し、現地の消費者を対象としたキャンペーンを行うなどして、韓国の顧客をターゲットにしていることが判明しました。

当局は、無登録の取引所には、韓国の法律で義務付けられている認証された情報セキュリティ管理システムなどの保護が欠けていると警告しました。このため、セキュリティ侵害の危険性があるといいます。

韓国で無登録の事業者が違法な営業活動を行った場合、最高で5年の懲役または5000万韓国ウォン(3万8000ドル)の罰金が科されることになっています。

また、プロバイダーの本国の情報機関にも通報されます。

仮想通貨に対する韓国の厳しい姿勢

韓国当局はここ数ヶ月、特にTerraform LabsのTerraUSD(UST)ステーブルコインとそのネイティブトークンLUNAの崩壊を受け、仮想通貨市場の監視を強化しています。

先月、TerraLabsのCEOであるDo Kwon氏が意図的にTerraエコシステムの崩壊を引き起こしたかどうかを調査する一環として、UpbitやBithumbなどの現地取引所の事務所に家宅捜索が行われました。TerreLabsの共同設立者であるDaniel Shin氏の自宅も家宅捜索されました。

一方、ビットコイン価格に対する韓国のいわゆる「キムチ・プレミアム」を中心とした違法な海外送金に関する捜査も開始されました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です