news12 banner

仮想通貨の被害額は18億ドル (2020年) に上った

2020年はまだ幸先の良いスタートではありません。世界のすべての地域で大混乱を引き起こしたパンデミックが蔓延し、暗号を悪用する詐欺師が増え続けています。

ブロックチェーンの科学捜査サイトCipherTraceによると、2020年は暗号通貨関連の犯罪件数では過去二番目に多い年となり、今年の最初の10カ月間に盗まれた金額の平均は18億ドルだったという。​DeFiプラットフォームのユーザーが増えたことで、暗号ハッカーがこれを悪意ある目的に利用する道が開かれ、お金の窃盗や資金洗浄の主な標的となりました。

2018年には暗号通貨犯罪が17億4000万ドルに急増し、2019年には45億2000万ドルの窃盗が急増しました。​DeFiプラットフォームが暗号資産ロックを備えた分散型金融市場で利用されて以来、その総額は10月27日に142億ドルに達し、2020年には平均9800万ドルに達しました。一方、KuCoinからの資金はUniswapを通じて2億8100万ドル近くに上がりました。

CipherTraceはレポートの中で「DeFiにロックされた米ドルの価値は2020年に指数関数的に成長し、2020年にはハッキングされたDeFiプロトコルが暗号窃盗の大部分を占め、2020年のKuCoinハックでは分散交換が選択のランプだったことから、新たなマネーロンダリングのリスクを生み出す可能性がある」と言及しました。

同社はまた、暗号の詐欺師たちがこのパンデミックを利用して、有名な保健団体や慈善団体のメンバーになりすまし、プラットフォームを通じてビットコインを送っている人々をだますことで、人々を利用しようとしていると述べました。 

さらに同報告書によると、米国の大手銀行の中にも、検出されていない暗号取引に気づいていないところがあり、年間20億ドルの詐欺を処理しているという。これらの銀行は、詐欺師が企業からの資金をお金と一致させて利用し、それを通常の暗号通貨取引所のように装ったと述べました。 

さらに中国は、中国の暗号通貨取引所であるTokenBetterによってもたらされた巨額の損失にも苦しんでいます。ユーザーは、予告なしにオフラインになったため、政府に返金について苦情を言い、プラットフォームの突然の閉鎖に関してソーシャルメディア上で怒りを示しました。この懸念に対処するため、警察は現在、疑わしい詐欺を軽減するためにデジタル人民元の導入を進めた当局を捜査しています。 

CryptoShimbumを自由に閲覧して、当社のウェブサイトで毎日の暗号通貨ニュースを入手してください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。