news 11

仮想通貨に関する意見は、多くの支持を得ているにもかかわらずまだ分かれている

仮想通貨は世界中の人々に広く利用されているにもかかわらず、PayPal、Mastercard、JPMorganといった大企業の支持の中で意見が分かれています。

その成功は、PayPalがプラットフォームをサポートし、独自の仮想通貨サービスのローンチを発表する道を開き、人々が彼らのシステムを使ってデジタル通貨を売買できるようにしました。このため、Bitcoinの価格は、オンライン決済プラットフォームが暗号化ビジネスに参入したときに急騰し、MastercardとJPMorganも仮想通貨に関して楽観的な見方を共有しました。

JPMorganは、Bitcoinは黄金と競合し、将来的には代替通貨として検討される可能性があると述べ、次のように述べました。「Bitcoinは、ミレニアル世代が時間とともに投資家の世界のより重要な構成要素になることを考えると、今後数年の間に 「代替」 通貨として黄金とより激しく競争する可能性がある。

しかし、その急速な技術的進歩のため、多くのトレーダーは依然として仮想通貨や、それが将来の投資、特に黄金への投資にどのような影響を与えるかについて慎重である。

Bitcoinは市場で15,000米ドル以上に達しました。このことは、このプラットフォームが 「デジタルゴールド」 なのか、それともすでに困難な時期にある多くの投資家にとって単なるリスクなのかという疑問を持っている批評家が少なくない。Bitcoinのピークは2017年で、20,000米ドル近くに達し、翌年にはすぐに下落しました。しかし、2020年に入ってユーザーが増え、Bitcoinは明るい未来に向かって進んでいます。

仮想通貨の利用が最近増加していることに対応して、パリに拠点を置く暗号資産協会の会長であるSimon Polrot氏はADANにこう言及しました。「それは、数年前にはまだ比較的不確実だった市場の妥当性確認である」。

Bitcoinは2008年にSatoshi Nakamotoのペンネームでスタートし、2013年に成長するまで人気がなかったが、今では世界中で多くのユーザーや金融機関がこのプラットフォームを利用しています。​仮想通貨が今後数年にわたって普及し続けるならば、企業にとっても個人的な取り組みにとっても、よりスムーズな取引につながるだろう。

さらにPayPalは次のように述べていた。「COVID-19の世界的流行と、中央銀行や消費者によるデジタル通貨への関心の高まりによって、デジタル決済や価値のデジタル表示への移行が加速し続けている」。

米連邦準備制度理事会 (FRB) や欧州中央銀行 (ECB) でさえも独自の仮想通貨の導入を計画しており、中国は自国内の4都市でテストすることでデジタル決済の効率性の研究を続けています。

しかし、米国の選挙が市場の動きに大きな影響を与えたことから、現在では政策綱領に関する意見が分かれています。ByteTreeのCharles Morrisは、Bitcoinは 「テクノロジー株のように振る舞う、非常に大きな成長資産」 であると述べているが、多くのユーザーは未だにこの金融テクノロジーに懐疑的です。

匿名を希望していたロンドンのトレーダーは「Bitcoinには本格的な外貨ポートフォリオの余地はない。それは外国為替トレーダーにとって破滅的なことになる。私たちは金を使ってポートフォリオのバランスを取る」と言い出しました。

仮想通貨に関するその他のニュースについては、当社のWebサイトを自由に閲覧して、このテクノロジーに関する最近のアップデートをご確認ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です