cryptradfere

世界中の仮想通貨トレーダーが大規模な不具合を起こしたBinanceを訴えるために奮闘中

Binanceは昨年5月19日、ユーザーがアカウントからロックアウトされるという大きな災難に見舞われました。現在、Binanceには公式な本部や事務所がないため、トレーダーは司法権の問題でBinanceを訴えることができずにいます。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙の報道によると、ある無名のトレーダーは、「より伝統的な投資プラットフォームとは異なり、Binanceはほとんど規制されておらず、本部もないため、誰に申し立てるべきかを把握するのが難しいとトレーダーたちは言っている」と述べています。

フランス、イタリア、その他のヨーロッパ地域の700人以上のBinanceユーザーのグループは、Binanceに対する法的措置を追求するために参加しました。トレーダーたちは弁護士やヘルプデスクと協力しています。また、自分たちのメッセージを伝えるために、世界中のBinanceのアドレスに手紙を送っています。

去る5月19日、世界中の数百人のBinanceユーザーが、1時間以上にわたって自分のアカウントからロックアウトされ、デジタル資産の取引ができなくなりました。その間に資金が消失し、ユーザーの口座は空っぽになってしまいました。中には5万ドル、個人では300万ドルを失った人もいると言われています。

それ以来、被害を受けたトレーダーたちは資金を取り戻そうとしていますが、効果はありませんでした。一方、Binanceは、この問題を解決するためにできる限りのことをしたと証言しています。これには、「障害の影響を受けたユーザーに対応するための迅速な措置」と「補償の提供」が含まれます。

The Vergeの報道によると、Binanceは、影響を受けたトレーダーにBinance VIPプラットフォームへの3ヶ月間の無料アクセスを提供することで、ユーザーが今回の騒動から脱却し、プラットフォームでの通常の取引に戻れるよう、補償を提供しようとしました。

BinanceのエグゼクティブであるAaron Gong氏は、昨年5月にTwitter上で、今回の不具合について謝罪し、Binanceの担当者が被害を受けたユーザーに連絡を取り、問題の解決を支援すると述べました。このツイートは後に削除され、その後何の対応も行われていません。

この不具合により、ユーザーはBinanceから離れ、月日が経っても新たな進展がないため、さらに苦情を申し立てています。Cryptoshimbunで最新の仮想通貨ニュースと最新情報を入手!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です