difference understanding crypto

ブロックチェーン技術の種類を理解する

ブロックチェーン技術は、2009年にサトシ・ナカモトがビットコインに最初のブロックチェーンを公開台帳として実装して以来、過去数十年にわたって進化し続けてきました。

金融取引や機関間取引におけるその将来性は、中央銀行や企業組織によってさらに検討され、Blockchain 2.0のようなさまざまなブロックチェーンプロジェクトの開始を意味し、さまざまなタイプのブロックチェーン技術が誕生しました。

それぞれのブロックチェーンには、利点や用途だけでなく、弱点もあります。ここでは、知っておきたいさまざまなブロックチェーン技術の種類とその目的を紹介します。

パブリック・ブロックチェーン

パブリック・ブロックチェーンは、ブロックチェーンの最初のタイプと考えられています。パーミッションレスで制限のない台帳システムであるため、インターネットに接続できる人なら誰でもネットワークにアクセスしてユーザーとなり、ブロックの検証を始めることができます。また、このタイプのブロックチェーンは、ビットコインのプロトコルを立ち上げ、分散型台帳技術(DLT)の使用を広めました。

パブリック・ブロックチェーンの最も一般的な用途は、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどの仮想通貨の交換やマイニングです。また、有権者と候補者の両方に透明性を実装するために、選挙でも使用することができます。

パブリック・ブロックチェーンは、NGOやその他の公共部門の機関のように、メンバー間の信頼を築くことを目的とした組織にも最適です。 

メリット

パブリック・ブロックチェーンを利用する最も大きなメリットの1つは、その不変性です。つまり、どのような状況であっても、ユーザーにはネットワークを改ざんする権利や力がないということです。もし誰かが二重支出などブロックに手を加えようとすると、システムはそれを攻撃と認識して取引を拒否します。

また、パブリック・ブロックチェーンは独立しているため、組織が閉鎖されても、そこに接続されているコンピュータがある限り、ブロックチェーンは稼働し続けます。

デメリット

パブリック・ブロックチェーンは、組織にとっていくつかのメリットがある一方で、欠点もあります。例えば、トランザクションのスピードが遅く、処理時間が数分から数時間に及ぶことがあります。

ビットコインに至っては、VISAの平均的な1秒間に24,000件の取引に比べて、10分間に7件の取引しか処理できません。これは、仮想通貨のマイニングに必要な数学的方程式を解くのが複雑なためです。

さらに、パブリック・ブロックチェーンには、スケーラビリティ(拡張性)の欠如という問題もあります。つまり、多くのユーザーが参加すればするほど、ネットワークの速度が低下するということです。 

プライベートブロックチェーン

エンタープライズ・ブロックチェーンとも呼ばれるプライベート・ブロックチェーンは、制限されたシステムの中で動作し、単一のエンティティによって管理されている許可制のブロックチェーンです。パブリック・ブロックチェーンのように分散型ネットワークとピアツーピア接続を利用していますが、小規模なネットワークでしか運用されません。そのため、承認された参加者でなければ、ブロックに参加したり検証したりすることができません。

このプラットフォームを使用する場合、プライベート・ブロックチェーンがうまく機能するためには、ユーザー間の膨大な信頼関係が実装されていなければなりません。さらに、このタイプのブロックチェーンでは、他のプラットフォームでは提供できない適切な規制やルールを提供しています。

その結果、プライベート・ブロックチェーンは民間企業にとって非常に好ましいものとなっています。また、サプライチェーンマネジメントにも利用でき、組織が商品やサービスの流れを秘密裏に管理することができます。また、最も一般的な用途としては、資産の所有権の追跡・確認や、社内投票などが挙げられます。

メリット

プライベート・ブロックチェーンは、そのスピードと効率性で知られています。これは、少数のノードのみがネットワークにアクセスし、トランザクションを検証する権限を持っているため、処理時間が短縮されるためです。

次に、ユーザーはパブリック・ブロックチェーン・プラットフォームでは得られない完全なプライバシーを利用することができます。これは、一般に漏洩したり明らかにしたりしてはならない機密情報を扱う民間企業にとって特に重要です。アクセス性、権限、許可レベルを設定する権限を持ち、全体の機密性を向上させることができます。

デメリット

プライベート・ブロックチェーンが抱えるデメリットとして、「真のブロックチェーンではない」という論争があります。これは、ブロックチェーンとは何かという哲学に反しており、分散化を重視しています。

また、このプラットフォームでは、システム内に少数のノードしか存在しないため、セキュリティも低くなります。少数のノードが異常な行動をとると、コンセンサス方式が損なわれ、ネットワーク全体が危険にさらされる可能性があります。 

コンソーシアム・ブロックチェーン

コンソーシアム・ブロックチェーンは、パブリック・ブロックチェーンとプライベート・ブロックチェーンの両方の機能を利用したい組織が使用するフェデレーテッド・ブロックチェーンとしても知られています。半分非中央集権的であり、ユーザー数はコントロールされていますが、複数の組織にまたがって機能すると考えられています。

一言で言えば、プライベート・ブロックチェーンと同じように、許可制のプラットフォームです。ただし、プライベート・ブロックチェーンでは、ネットワーク全体を管理する中央のエンティティが存在するという違いがあります。一方、コンソーシアム型ブロックチェーンでは、異なる組織がプラットフォーム上で通話する権利を持っています。

そのため、どの組織も不正な取引や活動に関与しないようになっています。そのため、このプラットフォームは、銀行、研究機関、サプライチェーンなどで主に利用されています。このプラットフォームを利用している最も有名な企業は、Energy Web FoundationとIBM Food Trustです。

メリット

コンソーシアム・ブロックチェーンでは、管理されたユーザーグループのみで構成されているため、スケーラビリティの問題がなく、スピーディなネットワーク出力が可能です。また、すべてが規制されているため取引コストが低く、手頃な価格を目指す企業にとって理想的な選択肢となります。

デメリット

コンソーシアム・ブロックチェーンは安全ですが、ノードが侵害されるとシステム全体が危険にさらされる可能性があります。さらに、他の種類のブロックチェーン技術と比較すると、透明性や匿名性が低いという特徴があります。

ハイブリッド・ブロックチェーン

コンソーシアム・ブロックチェーンと同様に、ハイブリッド・ブロックチェーンはパブリック・ブロックチェーンとプライベート・ブロックチェーンの組み合わせとして定義されます。

パブリック・ブロックチェーンとともにパーミッション中心のネットワークを構築したいと考える組織や企業に好まれます。彼らは、システムにアクセスしたい人に許可を与えることができ、どのような情報が公開されるかを決めることができます。つまり、ハイブリッド・ブロックチェーンはカスタマイズ性が高いのです。

ユーザーがハイブリッド・ネットワークに参加すると、ブロックチェーンへの完全なアクセス権が与えられます。また、他のユーザーと取引を開始しない限り、自分の身元は秘密のままです。

ハイブリッド・ブロックチェーンは、主に不動産会社、小売企業、金融サービスなどで利用されています。このプラットフォームでは、リストなどの重要な情報を公開しながら、機密性を維持することができます。

メリット

ハイブリッド・ブロックチェーンは閉ざされたエコシステムの中で機能するため、サイバー犯罪者はネットワークに対して攻撃を実行することができず、組織の機密情報が漏洩したり、流出したりすることを防ぎます。

また、ハイブリッド・ブロックチェーンは、パブリックなコミュニケーションをとりながらも、プライバシーを守ることができます。企業はブロックチェーンをカスタマイズすることで、プライバシーを守りつつ、仲間との連絡を取ることができます。

デメリット

このタイプのブロックチェーンのデメリットとしては、ネットワークに参加しているユーザーにインセンティブを与えられないことが挙げられます。さらに、ハイブリッド・ブロックチェーンでは、特定の情報が遮蔽されて開示されないため、透明性に欠けます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です