protest break out

エルサルバドルでビットコインの法定通貨化に抗議するデモが勃発

エルサルバドルのビットコイン法が開始される数週間前の8月27日、数百人のエルサルバドル人がサンサルバドルの街頭に出て、国の通貨としてビットコインを採用することに抗議しました。

政府が年金を米ドルではなくビットコインで支払うようになることを恐れた退役軍人、退職者、労働者たちは、ビットコインのボラティリティ(変動性)に対する憂慮を表明しました。抗議者たちは、「ビットコインはいらない」という看板を掲げ、暗号技術に関する知識が広く欠如していると述べていました。

労働組合の代表者であるスタンリー・キンテロス氏は、ロイターに対し、「このコインが急激に変動することは知っています。その価値は1秒ごとに変化し、私たちはそれをコントロールすることができません」と述べています。

地元ニュースの報道によると、反ビットコインの抗議活動は、年金を100ドルから300ドルに引き上げるための退役軍人が主導する大きな反対運動の一部であることが明らかになりました。

しかし、ビットコインを法定通貨として使用することに反対する抗議活動は、これが初めてではありません。エルサルバドル国際貨物運送業者協会(ASTIC)は、ビットコインの使用義務を明記したビットコイン法の第7条を改正すべきだと要求する抗議活動を動員しました。

ASTICは、「エルサルバドルの経済主体に雇われた中米の運送業者は、支払い手段としてビットコインを受け付けず、海外にドルで支払うための部門と、仮想通貨で義務づけられるための国との間に分裂が生じている」と述べています。

また、ビットコインの乱高下を避けるために、ビットコインで支払う顧客には20%の手数料を追加で請求すると脅しています。

7月には、活動家や組合、学生が主導する抗議活動が議会前で行われました。彼らは、ビットコイン法が一般市民からの相談なしに可決されたものであるため、これを撤回すべきだと要求しました。

このグループは文書による声明で、「ビットコインは公的な汚職や、麻薬、武器、人身売買、恐喝、脱税者の活動を助長する」と述べ、新法に対する失望感を表明しました。

しかし、反発や批判にもかかわらず、エルサルバドルのネイブ・ブケレ大統領はその決定を撤回しませんでした。さらに彼は先週、エルサルバドル国民がビットコインの使用を強制されることはないと明言しました。

「ビットコインを使いたくない人がいたらどうしますか?Chivoアプリをダウンロードしないで、普通の生活を続けてください。誰もあなたのドルを奪うことはありません。誰かがいつでもウエスタンユニオンに並んで、手数料を払えばいいのです」と、ブケレは昨年8月23日にツイートしている。より多くの仮想通貨の最新情報や仮想通貨のニュースについては、Cryptoshimbunで引き続きご覧ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です