celsius banner image main debtor

これまで謎とされていたCelsiusの債務者がEquitiesfirstであることが判明、4億3900万ドルを仮想通貨貸与者に支払うことに

Celsiusは6月12日に出金を一時停止して以来、同社の経営難が注目されていました。その1カ月後、Celsiusは米国で連邦破産法11条の手続きを活用した破産申請を行いました。破産申請の2日後、ある報道で、Celsiusに4億3900万ドルの債務を負っている民間融資プラットフォームはEquitiesfirstだと、この問題に詳しい2人の関係者が主張していることが明らかになりました。

FTの情報筋は、Celsiusに4億3900万ドルを貸しているプライベート・レンディング・プラットフォームはEquitiesfirstであると主張しています。

ここ数週間、倒産、清算、債務超過は、仮想通貨業界で非常にホットな話題となっています。デジタル通貨取引所Voyager Digital、仮想通貨貸出サービスCelsius、仮想通貨ヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)を含む3つの有名な仮想通貨企業が破産保護を申請しました。Celsiusは、2022年7月13日、または同社が引き出しを凍結した31日後に破産を申請しました。

7月の破産申請の前に、6月の第2週には、Celsiusが特定の分散型金融(defi)プロトコルにロックされた資金を持っており、直ちに調整する必要があるか、重要な担保が清算されると言う憶測がありました。Celsiusが破産申請する数日前、同社のウォレットは、コンパウンドとAaveのローンを返済するために、異なるタイミングで数百万米ドルのコイン(USDC)を送金したと報じられています。

Celsiusが破産保護を申請した際、申請書にはCelsiusが多額の資金を借りていることが詳細に記されていました。7月15日、フィナンシャル・タイムズ(FT)は、「Equitiesfirstが、問題を抱えた仮想通貨企業Celsiusの謎の債務者であることが明らかになりました。」と報じました。レポートは、Equitiesfirstが仮想通貨貸出サービスが4億3900万ドルを借りている表向きの借り手であることを、この問題に精通した2人の人物が明らかにしたと主張しています。

2002年に設立されたEquitiesfirstは、同社のウェブサイトによると、「長期資産担保融資に特化した」投資会社です。Equitiesfirstは株式を運用していますが、2016年からは厳選された仮想通貨も扱っています。Equitiesfirstシンガポールのマネージング・ディレクター兼代表のジョニー・ヘン氏は、2022年4月に仮想通貨についてこう語っています。

「我々は、いくつかの6年前まで、純粋な株式のみを扱う企業でした。我々は同様に仮想通貨に対するローンを提供し始め、その活動は本当に(過去1〜2年で)離陸しました」とヘン氏はインタビューでhubbis.comに語りました。FTとのインタビューで、Equitiesfirstの広報担当者は次のように述べました。「Equitiesfirstは我々のクライアントと(継続的な)会話をしており、両者は我々の義務を延長することに合意している」。

一方、celsius network(CEL)のトークン投資家は、同社が破産申請を行うかなり前に、同社のネイティブトークンをショートスクイズしようとしました。しかし、破産申請後、CELは米ドルに対して58%下落した後、反発しました。2022年7月16日に記録された統計によると、CELの市場変動にもかかわらず、この暗号資産は過去30日間に30%以上上昇したことが示されています。

コメントする

Please enter CoinGecko Free Api Key to get this plugin works.