ethereum crashes banner image main

Yuga LabsがOthersideの土地を売却したためイーサリアムがクラッシュ

4月30日(土)、Yuga Labsがメタバースで計画している「Otherside」というプロジェクトのための土地の区画を販売する際に、取引量が数千に達したため、イーサリアムネットワークがクラッシュしました。これにより、ブロックチェーンネットワークは数時間使用不能となり、ガス料金は過去最高となり、すでに料金が支払われているいくつかの取引が失敗に終わりました。

また、このクラッシュにより、ネットワーク上のガス代は、取引手数料がNFTアートワークそのものよりも高くつくほど、とんでもない金額に上昇しました。

売却時の取引手数料がいかに膨れ上がったかを示す最も注目すべき取引の1つは、ある個人が取引手数料だけでおよそ14,000米ドルに相当する5ETHを支払った例です。この高額な取引手数料は、Othersideの土地そのものが約11,228ドルであることに加えてのことでした。売却後、売却を通じた取引手数料の総額は1億ドルを超えました。

Yuga LabsはTwitterで、自分たちが引き起こしたイーサリアムネットワークのクラッシュについて、「イーサリアムのボトルネックに押し込まれた信じられないほどの需要のために、一部のユーザーが取引に失敗したことを認識しています。影響を受けたユーザーの皆様、私たちと共に構築しようとする意欲に感謝します。私たちはあなたを応援しており、あなたのガスを払い戻します」としています。

また、「ApeCoinが適切にスケールするためには、独自のチェーンに移行する必要があることは明らかなようです。DAOがこの方向で考え始めるよう働きかけたい」と付け加えています。また、同社は影響を受けたユーザーに謝罪し、「しばらくの間、イーサリアムの明かりを消してしまい、申し訳ありません」とも付け加えました。

Yuga Labsは、最も有名なNFTコレクションの1つであるBored Ape Yacht Club(BAYC)を手がけたことで有名です。これは彼らの最新プロジェクト「Otherside」の成功に影響を与え、NFTランキングサイトCryptoSlamのデータによると、先週の土曜日4月30日にローンチしたばかりにもかかわらず、すでに売上高5億5800万ドルを突破しています。この統計により、Othersideは過去1ヶ月で最も売れたNFTコレクションとなりました。

仮想通貨の最新情報については、Cryptoshimbunで他の記事もお気軽にご覧ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です