eu commissioner banner image crypto main

欧州委員会のMairead McGuiness金融サービス・金融安定・資本市場連合担当委員は、仮想通貨を規制するためのグローバルなアプローチを呼びかけました。彼女は、仮想通貨市場の潜在的なリスクに対処するために、世界の規制当局が協力するよう促しました。

McGuiness氏は、5月5日にThe Hillに掲載された意見書の中で、デジタル資産を扱う上でグローバルなアプローチの必要性を挙げ、自身の見解を公開しました。

「仮想通貨がもたらす重大なリスクを過小評価すべきではありません。金融イノベーションが適切な規制や監督を行わずに引き起こすことができる害を見るために、過去を振り返る必要はありません」と、彼女は意見書の中で述べています。

また、「規制されていない仮想通貨では、消費者は不完全な情報を頼りに、不適切な商品を購入する危険性があります。投資家は、詐欺や欺瞞、あるいは単に仮想通貨市場の設立以来の特徴であるボラティリティのために、お金を失うリスクがあります」とも述べています。

また、彼女は、EUが米国とともに、仮想通貨の規制アプローチで世界をリードすることの重要性を強調しました。

McGuiness氏は、「EUと米国は、暗号を規制するための共通の国際的なアプローチを共にリードすることができると信じています。

一緒になれば、消費者を保護し、金融の安定性を維持しながら、金融におけるイノベーションを可能にすることができます」と付け加えました。

欧州連合(EU)はすでに、域内の仮想通貨規制の枠組みを提供する方向で進んでいます。McGuiness氏によると、Markets in Crypto Assets(MiCA)提案は、包括的な規制の枠組みを作るための最初の動きの1つであるといいます。

同氏は「MiCAは責任ある革新を促進し、法的確実性を提供し、金融安定性、消費者、市場の完全性に対するリスクに対処する」と述べています。

この提案は、欧州連合の下にある国々内の仮想通貨サービスプロバイダのすべての規則を標準化するものです。

しかし、仮想通貨ルールを完全に有効なものにするためには、国際的な共同原則に根ざしたグローバルな調整が必要であると同氏は主張しました。

「仮想通貨に関するグローバルな合意は、まず、いかなる商品も規制されないままであることを明記する必要があります。第二に、監督当局はグローバルに情報を収集し、交換する必要があります。第3に、いかなる協定も個人投資家を保護しなければなりません。第4に、仮想通貨エコシステムは、環境への配慮を完全に統合する必要がある」と、彼女は声明の中で繰り返しました。

一方、仮想通貨ビジネスのリーダーたちは、EUに対して、規制を緩和し、急速に成長している分散型金融(DeFi)プラットフォームをヒールしようとする試みを縮小するよう求めています。

ロイターの報告では、合計40の仮想通貨業界のリーダーは、昨年4月に27のEU財務大臣に手紙を送り、規制が金融活動作業部会(FATF)によってすでに適用されている規則を超えないように要求しました。

書簡では、MiCA提案は、特に取引の詳細やウォレットアドレスなどの情報が公にされた場合、デジタル資産所有者を危険にさらすことになると述べています。さらに、EUは分散型プロジェクトを除外すべきであり、特定のステーブルコインを提案された規制の対象とすべきではないことを要請しています。Crypotshimbuを閲覧しながら、欧州連合における仮想通貨ニュースの詳細をご覧ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。