yield crypto farming banner image main

仮想通貨でのイールドファーミング:それについて知っておくべきこと

お金の貸し借りは一般的なことであり、複数の国で行われているのを目にすることができます。これは、銀行が顧客に融資をしたり、人々が隣人に救いの手を差し伸べたりする形で行われます。貸金を通して、彼らは利子がつくため、少しの利益を得ることができます。

仮想通貨においても、イールドファーミングという形でお金の貸し借りが存在します。もっと知りたい方は続きをお読みください。

仮想通貨におけるイールドファーミングとは何か?

簡単に言うと、イールドファーミングとは、暗号コインやトークンを貸し出して、最終的に高いリターンを受け取ることです。この現象は、取引における仲介者や第三者を排除しようとする金融技術である分散型金融(DeFi)にも存在します。 

仮想通貨における流動性

イールドファーミングとは何かをさらに理解するためには、まず仮想通貨の流動性とは何かを知る必要があります。これは、トークンを別の種類の仮想通貨や不換紙幣に交換するプロセスの簡便さを指します。Curve FinanceやUniswapなどのDeFiプラットフォームは、流動性プールを通じてこのような利便性を実現しています。これらは、人々が売買できるすべての暗号コインとトークンをプールする手段です。さらに、流動性プールはスマートコントラクトによって機能するため、仲介者を必要としません。

プールの流動性に貢献するのは、流動性供給者(LP)と呼ばれる人たちです。LPは、コインやトークンをプールに出資したり貸したりして、その見返りとして報酬を受け取る人たちです。この報酬は、DeFiがネットワーク間の取引から徴収する取引手数料の一部から得られます。

イールドファーミングの仕組み

流動性プールとプロバイダーが何であるかが分かったところで、イールドファーミングの仕組みについて説明しましょう。

流動性プロバイダーが預けた、あるいは貸した資金によって、人々がトークンやコインを売買したり交換したりするためのマーケットプレイスが作られます。プールは、流動性プロバイダーへの支払いや報酬に充当される取引手数料を徴収することで、そのシェアを理由に収益を上げる。取引手数料とは別に、流動性プロバイダーは新しいトークンへの最初のアクセスを得る機会があります。

さらに、イールドファーミングには以下のような種類があります。

  1. 流動性プロバイダー – これは、取引の流動性を向上させることを期待して、コインやトークンをプールに預けることです。取引所からの手数料は、流動性プロバイダーがその貢献に対して受け取るものです。
  2. 貸出 – コインやトークンの保有者は、スマートコントラクトを利用して自分の資産を人に貸す機会があります。これにより、貸し手は利息が加算されるため、利益を得ることができます。
  3. 借り入れ – イールドファーミングのもう一つのタイプは借り入れで、投資家がローンの担保またはセキュリティとして1つのトークンを使用するときに発生します。貸し手は最初にコインを保有し、同時に借りたコインから利益を得ることができます。
  4. ステーキング – DeFiでは、プルーフオブステークや流動性プールを通じて、コインやトークンをステーキングすることができます。前者は自分の資産をステークしてブロックチェーンに貢献することができ、後者は取引の流動性に貢献することで利益を得ることができます。

イールドファーミングの利回り計算

利回り還元率は毎年計算され、1年間でどれだけの金額を受け取ることができるかを示します。この場合、年率(APR)や年率利回り(APY)といった計算方法を用いて、想定される利回りを計算します。ただし、この2つの計算で得られる数値は、あくまでも試算であるため、決して確定したものではないことも覚えておきましょう。 

担保の重要性を理解する

イールドファーミングは不換紙幣の貸し出しに近いため、ここでも担保設定が行われます。貸し手のリスクを最小化するために、借り手は価値のあるものを担保として扱う必要があります。言い換えれば、借り手が時間通りに契約を守れなかった場合に、ローンの返済として機能するのです。

仮想通貨では、プロトコルの担保率に注意する必要があります。これは、担保の価値がプロトコルの基準値より低くなった場合、市場で清算される可能性があるからです。これを避けるために、プロトコルのほとんどのルールでは、借り手が借りたい金額以上の価値を担保にすることを要求する過剰担保を採用しています。 

イールドファーミングの長所と短所  

それでは、イールドファーミングのメリットとデメリットをご紹介します。 

長所

  1. より高いリターンを得られる可能性がある

流動性プールの需要が高まると、金利が上昇する可能性があります。これにより、流動性供給者はより高いリターンを得ることができ、より多くの投資とコインやトークンの繁栄に貢献する動機付けとなります。

  1. イールドファーミングは投資の一形態となり得る

あなたのファーミングとDeFiプロトコルへの貢献は、コインやトークンの未来に利益をもたらします。なぜなら、その仮想通貨がうまくいく可能性をもたらすことができ、市場で取引を行うより多くの人々を惹きつけることができるからです。その見返りとして、あなたのプールへの投資も価値が上がります。

短所

  1. イールドファーミングは簡単ではない

一見、有望で有利に見えますが、イールドファーミングは簡単ではないことをこの時点で知っておく必要があります。イールドファーミングは非常に不安定であり、流動性プールの状態は一日ごとに不規則に変化します。そのため、流動性プールの一員になるタイミングを見極める必要があります。

  1. コントリビューションがバラバラになるリスクがある

DeFiのユーザーにとってのメリットは、第三者が介在しないため、すべての取引がスマートコントラクトによって人々によって処理されることです。このことから、ネットワークがシームレスに動作することに大きく依存していることが分かります。ボトルネックが発生した場合、プールへの貢献がバラバラになる可能性があります。

イールドファーミング:イエスかノーか?

イールドファーミングに取り組むべきでしょうか?この質問に対する答えは、あなたが仮想通貨の世界とそれに関わるすべてのことをどれだけ知っているかによります。よくわからないことを調べておくことは、この業界をナビゲートする上で大きな助けになります。もし、あなたがそのような知識を持っているなら、経験を積むためにイールドファーミングに挑戦したほうが良いでしょう。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。