libra news facebook

FacebookはLibraが2021年にローンチすることを期待している

Facebook 財務の責任者であるDavid Marcusは、 「Diem」 と呼ばれるデジタル資産と 「Novi」 として知られているFacebookのウォレットが2021年に一般公開されることを期待していると述べている。名称が変更される前は、DiemはLibra通貨として知られていたが、その後、Diem Associationの下でリブランドされ、名称が変更された。しかし、規制当局から批判を受けたため、Libraコインの発売は中止された。

NoviとDiem、そして2021年の大きな変化に参加できることを願っている」と彼は言った。

昨年発表されて以来、FacebookのLibraは暗号コミュニティから否定的なフィードバックを受けてきた。ホワイトペーパーによると、LibraはLibra Associationと呼ばれる非営利コンソーシアムによって扱われるように設計されている。

Marcus氏は声明の中で、当局からの即時の信頼を求めていると述べた。彼は彼らの計画は疑わしきは罰せずであるべきだと言った。

「最近の歴史の中で、実際に何かを構築し、それに多大なリソースを投資し、 「OK」 と言った企業を見つけるのは難しいと思う。私たちはここで力を放棄し、オープンなエコシステムとして可能な限りのものにしようとしている。そして、私たちが創造したものそのものについて競争を可能にすることに関しては、基本的には、片手または両手を背中に縛り付けている。」彼は言った。

「私が思うに、私たちがこれまでにしてきたことは、このビジョンを実行する上でさまざまな複雑な問題を引き起こしてきたが、私たちの意図やここで何をしようとしているのかという点で、疑いの目を向けるのはもっともな理由だと思う」と彼は続けた。

一方、2020年12月1日に行われたコインのブランド変更も多くの問題を引き起こした。この動きは、規制当局の承認を得るために、コインがFacebookから独立していることを示すだろう。

Diem AssociationのCEO、Stuart Levyによると、Diemは安価で効率的な取引を可能にするために、消費者と企業の間にイノベーションを導くだろう。

「Diemプロジェクトは、フィンテックのイノベーションが繁栄するためのシンプルなプラットフォームを提供し、消費者や企業が瞬時に低コストで安全性の高い取引を行えるようにする」 とCEOは述べた。

「当初の名称は、規制当局から受け入れられにくかったプロジェクトの初期段階に関連していた。私たちはその提案を劇的に変えた」 とLevyは付け加えた。

Libraの新しい名前Diemはラテン語で 「日」 を意味する。米ドルを背景とした安定的な市場としての立ち上げを目指している。

Levyは、Facebookとの関係を断ち切ろうとしているわけではないと明言した。ブランドの変更はプロジェクトの独立性を示唆していると彼は言った。

「私たちは努力して全ての関係を切ろうとしているわけではない。これ(名称変更)は協会が自主的かつ自立的に運営されていることを示すものである」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。