crypto banner analysis

仮想通貨の経済への影響

過去1世紀の間に、世界で今日の私たちの生活様式を劇的に変えたような発明があった。21世紀において、デジタル資産の誕生は、人類の歴史上最も重要とは言わないまでも、一つの重要な進展であると考えられている。現在では、仮想通貨が存在するため、費用対効果が高く効率的な方法で支払いや取引を行うことができ、第三者の存在や煩雑な手続きを排除できる。

仮想通貨の出現は、金融・銀行セクターに革命をもたらした。これまでは、銀行のない世界を想像することができなかったが、デジタル資産とブロックチェーンの世界的な採用が成功すれば、このコンセプトは将来的に可能性があると考えることができる。

2009年、Bitcoinの誕生は世界に衝撃を与え、金融業界に騒動を引き起こした。Bitcoinのホワイトペーパーは、Satoshi Nakamotoというペンネームの無名の著者によって書かれた。論文の中で彼は、 「ブロックチェーン」 と呼ばれるプラットフォームを通過できる仮想通貨は、銀行セクターの煩雑な手続き、高額な手数料、非効率性を解決できると述べた。Bitcoinが一般に公開されてすぐに、さらに多くのaltcoinが市場に登場し、世界経済が新たな投資方法や取引処理方法を検討するようになった。

仮想通貨とは何?

要するに、仮想通貨は 「ブロックチェーン」 と呼ばれる分散型プラットフォームを通過できるデジタルトークンである。このプラットフォームでは、暗号コードを使用して、アセットの送受信などのトランザクションを実行する。オープンソースのプラットフォームであるため、ブロックチェーンは分散化され、その機能を制御できる仲介者からは解放されている。固定通貨とは異なり、デジタル資産は、第三者による取引手数料や制限を課してはならない。

ブロックチェーンは複雑に絡み合ったコードで構成され、変更があってもブロックチェーンを変更できない。トランザクションがチェーンに記録されると、削除や改ざんはできない。

「マイニング」 と呼ばれる合意メカニズムにより、チェーン内のトランザクションが可能になる。採掘者は、暗号取引を承認するために連鎖の方程式を解く世界中の異なるバリデータである。

デジタル資産は、秘密鍵と公開鍵を使用して2者間で交換できる。このピアツーピア機能は、従来の銀行やその他の金融ゲートウェイでユーザーが支払うことが多い高額な料金の負担を軽減するのに役立つ。

経済における仮想通貨の最大の利点

高速トランザクション

伝統的な銀行や金融機関は、取引の処理にいつも時間がかかる。これは、サードパーティが存在すると、単純なトランザクションであるべきものを最終決定する時間が長くなる可能性があるためだ。仮想通貨では、署名や書類を必要としないピアツーピア取引が可能になるため、この種の干渉は即座に排除される。

プライベートとセキュリティ

クレジット・カードやその他の通常の支払ゲートウェイを使用する場合、情報の詳細は関係機関のシステムに記録される。通常、この情報は、個人の履歴を追跡するために定期的にチェックされる。仮想通貨を使用する利点は、暗号化アドレス以外の情報が表示されないことだ。これにより、ユーザーの詳細情報が不正な目的で使用されるのを防ぐことができる。

取引手数料の削減

小切手を振り出したり、預金したり、引き出したり、送金したりすると、すべて不必要な手数料がかかる。もしあなたが定期的に支払いを処理しているのであれば、これらを行うことはあなたの財政に打撃を与える可能性がある。デジタル資産を使用する利点の1つは、トランザクションの処理時に不要な料金を支払う必要がなくなることだ。

ただし、集中型の為替を使用している場合は、デジタル資産を使用して支払いを行うと手数料が発生する。そうは言っても、通常の決済ゲートウェイや銀行を利用する場合に比べて、コストはかなり低い。

クロス・ボーダー取引の送信が容易

取引では、クロスボーダー決済が最も高額で、為替レートが高いため面倒だ。金利やその他の取引手数料は国によって異なるので、手数料は異なる。デジタル資産はこれらの国際手数料の対象ではないため、異なる国への送金はこれまで以上に速く、安くなっている。

為替プラットフォームを導入した仮想通貨

上記の影響の他に、デジタル為替プラットフォームも導入された。これらの場所で、暗号資産のデジタル購入、取引、販売が可能になった。今では、コインを 「投資」 したい人は、それをするためだけに銀行を訪れる必要がなくなった。

コードやアルゴリズムで保護されたウォレットを手に入れることでそれができる。人々はお金を投資するためだけに銀行を訪れる必要がなくなった。必要なのは、電話とインターネットが接続されていて、介入なしで自由にお金にアクセスできることだけだ。さらに、この偉業は、投資に対する完全なオーナーシップを人々に与える。

基本的に、ウォレットはブロックチェーンと相互作用するようにプログラムされている。ウォレットは大きく分けて3種類ある。ハードウェア、ソフトウェア、ペーパーウォレット。機能に応じて、 「ホット」 ウォレットまたは 「コールド」 ウォレットに分類される。

  • ホットウォレット

ホットウォレットは、インターネットに接続された仮想通貨のストレージである。通常は、ダウンロードして携帯電話、タブレット、PCなどのデバイスに簡単に統合できるアプリの形で提供される。手軽にお金にアクセスしたい方にぴったりのウォレット。

しかし、ホットウォレットは常にインターネットに接続されているため、ハッカーの餌食になる可能性がある。ホットウォレットを使用する場合は、すべての資金をホットウォレットに入れないようにしてください。

  • コールドウォレット

一方、コールドウォレットはUSBなどの小型設備の形で保存されている。ウォレットの安全性を重視する人には、インターネットに常時接続しているわけではないので、コールドウォレットが最適。大量の仮想通貨を保管するには最適な場所だ。資金を長期間 「保有」 することを計画している投資家は通常、コールドウォレットを使う。ただし、アクセス性を重視するユーザーは、資金にアクセスするまでに時間がかかるため、このウォレットを使用すべきではない。

  • ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、QRコードが印刷されたウォレットの物理的なコピーです。このタイプのウォレットはハッキングの影響を受けないが、一部の資金を送ることができないため、使用するのは少し面倒だ。また、傷みやすいので、ビニールをかぶせて安全な場所に保管することが大切だ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です