filipino samkoin banner

フィリピンの仮想通貨SAMKoinがグローバル取引所で発売

フィリピン人が所有する金融テクノロジー企業であるスマートアセットマネジメント(SAM)デジタルテクノロジーは、ProbitおよびHotbit取引プラットフォームでフィリピンの仮想通貨コインを確立することに成功した。

SAMの創設者兼会長のRommel Santosは、フィリピンのSAM加入者、および新しい暗号コインの所有者が、コインを購入、取引、または販売できるようになったと発表した。

SAMKとも呼ばれるSAMKoinは、2月に一般公開された。公式の予約注文から数日後、デジタル通貨は世界のさまざまな地域から15,000人を超える新しいSAMメンバーを獲得した。

SAMKoinは、取引でブロックチェーンテクノロジーと権限証明(POA)プロトコルを使用するユーティリティトークンである。このプロトコルは、他のプロトコルよりも計算能力の消費が少なく、環境にやさしく、自然の価値を重視するデジタル企業の原則に沿っている。

SAMエコシステムは、さまざまな従来型およびデジタルのビジネスや企業にアクセスできる金融会社の加入者で構成されている。

「シェアリングエコノミーを通じて起業を実現する伝統的な方法は、今では完全に理解されている。SAMKoinがこれら2つの重要な情報源から認識されるユーティリティコインであることを誇りに思うべきである」とSantosは述べていた。これらには、オーストラリアのオーストラック、証券取引委員会、およびフィリピン中央銀行(BSP)が含まれる。

さらに、Santosは、SAMKoinの主要な優勢の1つは、「補完するエコシステムを備えた補完システム」であることを示した。

これは、SAMエコシステムがニッチ市場を持つ17の従来型ビジネスを提供することを意味する。これらのいくつかには、農業、物流、送金、石油、配達サービスなどが含まれる。

さらに、彼は次のSAMKoinの使用法を列挙した。

  1. SAMPDサブスクリプションの購入
  2. 会員加速プログラムの購入
  3. グローバル取引所での取引
  4. HODLing
  5. 交換可能なポイントをSAMKOINに変換する
  6. Visaカードの転送、現金引き出し、または販売
  7. ショッピング
  8. マーチャントの支払い
  9. ユーティリティ/家計の支払い
  10. コミュニティの利用

新型コロナにより、フィリピンの多くの人々がデジタル取引に頼ってきた。これは、このような時期にフィンテック業界に新しい機会を提供する。

「現在のデジタルテクノロジーの潜在力は、実際には以前から存在していた従来テクノロジーよりも10年進んでいる。ですから、人々はすべてのデジタル化に目を向ける必要があると思っている。私が提案するのは、彼らが人々に提供しているデジタルサービスを強化するということである。なぜなら、今のところ、それは適応に関するものだからである」とサントスは結論付けた。

ここCryptoshimbunで最新の仮想通貨のニュースと更新をアップデートに保ちましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です