NFT market india banner

インド、クリエイター向けのNFTマーケットプレイスを導入

インドのアーティストは、新たにリリースされたブロックチェーン技術を活用したノンファンジブル・トークン(NFT)マーケットプレイス「WazirX」で、楽曲や動画、絵画などの芸術作品をオークションに出品できるようになりました。これにより、アーティストは自分の作品で収益を上げ、ロイヤルティを得ることができます。Binanceが運営するこの取引所は、Nischal Shetty氏が立ち上げました。同氏によると、彼らの目標は、付加価値のある提供物を持つことで顧客をエンパワーすることです。

「当社は創業以来、イノベーションの最前線に立ち、付加価値のある製品でお客様をサポートしてきました。今回、WazirXのポートフォリオに追加された製品も同じ路線に沿って構築されています。急速にデジタル化が進み、世界中でNFTへの関心が高まっている今、WazirXは市場を大きく変えるでしょう。WazirXのNFT市場は、デジタルクリエイターとコレクターの両方にメリットをもたらすでしょう」とShetty氏は述べています。

WazirX NFTプロジェクトには、Shetty氏のほかに、Sandesh B Suvarna氏というカナダ在住の起業家も参加しています。また、映画俳優でありプロデューサーでもあるVishakha Singh氏も、プロジェクトアドバイザーとしてチームに参加しています。

「クリエイティブ業界の観点からは、アーティストや知的財産権の所有者にとって、新たな収入源を介して既存の資産を収益化する絶好の機会だと考えています。飢餓に苦しむアーティストの神話は、書き換えられるべきです。すべてのクリエイター、アーティスト、インフルエンサーには、自分のIPを尊厳を持って、信頼できるプラットフォームで正当な買い手と一緒に展示する権利があります」とVikash Singh氏はインタビューに答えています。

2020年のNFT市場の成長率は299%で、少なくとも2億5,000万米ドル以上の取引が行われたことになります。この取引には、NFTの購入や投資の際に一般的な概念である「繁殖」や「鋳造」などの活動が含まれています。

NFTは、個人間で取引、販売、交換が可能なデジタル資産です。場合によっては、NFTは、ビデオゲームやコンピュータゲームに登場するゲーム内資産の購入や価値の付与にも利用されます。

WazirXは、同社の顧客がプラットフォーム上でリスティングを作成した場合、料金を課すことになります。同社は、デジタルマーケットプレイスでNFTが検証されたときに、高額な手数料を取り除くことが同社の目標の一つであることを示す声明を発表しました。

仮想通貨・ブロックチェーンのニュースならCryptoshimbunへ。仮想通貨の最新情報をお届けします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です