india bitcoin cryto banner

インド、仮想通貨を支払い方法ではなく資産として認める法律を最終決定

インド議会は、規制されたデジタル資産の取引を認める一方で、仮想通貨の支払いや取引にストップをかける「Cryptocurrency and Regulation of Official Digital Currency Bill」を検討しています。つまり、インドの仮想通貨ユーザーは、金、市場株、債券などの資産のみを利用できるようになるということです。

ここ数日、国会は、国内の仮想通貨活動を規制する法案について、仮想通貨業界の代表者およびインド準備銀行(RBI)と一連の非公開会議を開催しました。これらの会議の議長は、同国のナレンドラ・モディ首相が務めました。

Economic Times紙の非公開の情報筋によると、この次期法案の詳細は、仮想通貨に関する全体的な見解が積極的な側に傾いており、最終的に決定されている最中であるとのことです。この法案は、インド議会の次期会期に提出されると言われています。

Policy 4.0の創設者である最高経営責任者のTanvi Ratna氏は、「最も厄介なのは、資産クラスを定義することです」とコメントしています。彼女は、暗号資産を規制しても、インド当局が懸念している問題は解決しないと考えています。

しかし、RBIが懸念している通貨の問題を解決することにはなると、Ratna氏は付け加えています。

このような裏話の中で、仮想通貨会社や取引所は、そのサービス内容によって分類される可能性があります。この分類には、ファシリテーター、ブローカー、取引プラットフォームが含まれます。

インドの地元の取引所は、規制を微調整するための規制用サンドボックスを設置するよう当局に働きかけています。Economic Time誌の非公開の情報源によると、政府はインド証券取引委員会(SEBI)を指定する可能性があるが、最終的な決定はなされていないといいます。

これとは別に、提案された法案では、仮想通貨取引所やプラットフォームによる積極的な勧誘が禁止されることになっています。

この協議は、インドにおける仮想通貨活動、特に仮想通貨の広告に関する最近の問題によってもたらされました。Ratna氏がCoindeskの代表者とのやり取りの中で確認したように、仮想通貨の広告がどのように若者を誤解させるかについて、大きな議論が続いています。

昨年7月、デリー高等裁判所は、テレビの生放送で放映される仮想通貨の広告に標準的な免責事項を設けるよう求めました。弁護士のAyush Shukla氏とVikash Kumar氏は、画面の80%を覆う免責事項と、テキストを繰り返す5秒間のナレーションを義務付けるよう、SEBIに嘆願しました。

Cryptoshimbunでは、様々なインドの仮想通貨のニュースや最新情報をチェックできます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です