mastercard banner launches crypto

Mastercard、アジア太平洋地域のユーザー向けに仮想通貨とリンクしたカードを発行

米国の多国籍金融サービス企業であるMastercardは、香港の仮想通貨会社Amber Group、タイの仮想通貨取引所Bitkub、オーストラリアの取引プラットフォームCoinjarなどの暗号資産プロバイダーと提携し、アジア太平洋地域のユーザーにデジタル決済カードと連動した仮想通貨サービスを提供します。

Mastercardが11月8日に発表した声明によると、今回の提携により、カード会員は、ビットコインやイーサなどのデジタル資産を瞬時に不換通貨に変換できる、仮想通貨連動型のクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを申し込むことができるようになります。

このプロセスは、Mastercardを受け入れている場所で、暗号資産を支払い手段として使用するプロセスを迅速化することを目的としています。また、アジア太平洋地域を皮切りに、同社のグローバルな仮想通貨カードプログラムを推進することも目的としています。

さらに、専門のフィンテック企業やデジタル資産の専門家と連携して、導入プロセスを効率化し、仮想通貨分野への参入障壁を減らすことも目指しています。

今回の決定は、最新のMastercard New Payments Indexで、主流の仮想通貨導入への関心が高まっていることが示されたことを受けたものです。この指標では、調査対象となったアジア太平洋地域のカード保有者の45%が、来年2022年までに仮想通貨の利用を検討する可能性があることが示されました。

「仮想通貨は、投資、破壊的な技術、ユニークな金融ツールなど、人々にとってさまざまな存在です。投資、破壊的技術、ユニークな金融ツールなど、仮想通貨は人によって様々なものがありますが、各方面からの関心や注目が高まるにつれ、その実世界での応用が投機的なものを超えて現れてきています」と、Mastercardの取締役副社長であるRama Sridhar氏はプレスリリースで述べています。

また同氏は、「Mastercardは、仮想通貨で可能なことを拡大し、人々に支払い方法の選択肢と柔軟性を提供します」と付け加えました。

巨大な決済サービスプロバイダーは、アジア太平洋地域に留まっていません。Businesswireが発表した記事によると、Mastercardと米国の仮想通貨プラットフォームBakktが提携し、同じサービスをそれぞれの顧客層に提供するとのことです。

また、米国のカード会員は、購入や取引に対するビットコインの報酬など、その他の仮想通貨関連サービスの恩恵を受けることになります。

Mastercardの決済サービスにおける主なライバルの一つであるVisaも、新興の仮想通貨市場での存在感を最大限に高める方法を模索しています。現在、同社はデジタル資産プラットフォームであるCrypto.comと提携し、ブラジルのユーザーにVisaの仮想通貨カードを提供しています。

今回の発表は、Crypto.comがカナダ、オーストラリア、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、米国など、世界各地でプラットフォームとサービスを開始した後に行われました。

Mastercardに関する最新の仮想通貨ニュースは、Cryptoshimbunでお届けします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です