India ED Probes at Least 10 Crypto Exchanges on Money Laundering Allegations

インド実施局、マネーロンダリング疑惑で少なくとも10の仮想通貨取引所を調査:レポート

インドの実施局(ED)は、仮想通貨を介した外国企業のマネーロンダリングを支援した疑いで、少なくとも10の仮想通貨取引所を調査していると、Economic Timesのレポートが伝えています。

マネーロンダリングの捜査は、EDがWazirXの取締役の財産を家宅捜索した後、最近注目を集めました。これは、WazirXの創設者Nischal Shetty氏とBinanceのCEOチャンポン・ジャオの間で、インドの取引所の所有権をめぐってオンライン上の口論を引き起こしました。

政府機関は、即時融資アプリの件で、被告企業が1000クローネ以上、約1億3000万ドルを資金洗浄したと推定しており、疑惑のほとんどは中国との関連があると付け加えている、と報じています。

以前のプレスリリースで、EDは、WazirXの取締役の財産に対する家宅捜索を行った後、「仮想通貨取引所に召喚状が発行された」と述べていました。ETのレポートによると、少なくとも10の取引所が調査を受けているとのことです。

報告書に記載されている調査結果の現状によると、被告企業は取引所に接触して100クローネ(約1300万ドル)以上の仮想通貨を購入し、その後、デューデリジェンスを強化したり、疑わしい取引報告書(STR)を提出したりすることなく、トークンを海外のウォレットに送っています。

報告書に記載されているように、調査の現在の調査結果によると、被告企業は、100クローネ(約1300万ドル)以上の仮想通貨を購入するために取引所に接近し、その後、トークンは強化されたデューデリジェンスまたは疑わしい取引報告(STR)を上げることなく国際ウォレットに送信されました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。