law enforcement dagestan banner image

法執行機関、ダゲスタンの2つの違法な仮想通貨ファームを閉鎖

タス通信によると、ダゲスタン内務省および連邦保安局の職員が最近、ダゲスタン共和国の首都であり最大の都市であるマハチカラで大規模な仮想通貨マイニングファームを発見したとのことです。Bitcoin.com Newsによると、プレスリリースには、当局が1,476以上の仮想通貨マイニング機器を没収したと言われていることが記載されています。

また、同局は、違法施設の所有者が、国内の他のマイナーに、マイニングリグの設置、施設グリッドへの接続、セキュリティサービスの提供などのサービスを提供してきたと報告しました。同局の専門家は現在、消費された電力量とともに、押収されたマイニング装置の全体的な市場価値を見極めようとしているとされています。

仮想通貨ファームを急襲した法執行機関は、運営者を起訴するための証拠集めを始めていると述べています。もし有罪が証明されれば、彼らはロシア連邦刑法171条「違法な起業」第2項、同165条「財産上の損害を与えること」第2項により起訴されることになります。

同様の事件で、地元の電力網運営・配給会社Rosseti Severniy Kavkazも、Мahachkala Vodokanal(同国の水道事業者)でデジタル通貨を生成する95台の装置を発見しています。Vuzovskoe Ozeroポンプ場では、装置は金属製のコンテナの中に設置されていました。

この仮想通貨マイニング施設の電力容量は260kWで、電力消費量はすでに45億kWhに急増しており、これは40万米ドル以上の価値に相当します。ロシアの電力会社Rossetiが発表した発表によると、このファームはダゲスタンの地元住民が水道事業体の従業員の一部と協力して設立したことが明らかになりました。

近年、ダゲスタンは、イルクーツク州やクラスノヤルスク州などのロシアの地域とともに、電気料金が安いことから、違法な仮想通貨マイニングの温床となっています。その結果、これらの地域は一貫して停電に悩まされており、特に電気設備が極端な電気消費に対応できるようには設計されていない地域が多いようです。仮想通貨のニュースや仮想通貨の最新情報については、Cryptoshimbunにご期待ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。