paypal bitcoin news

PayPalは2021年からグローバル仮想通貨サービスを提供する予定

2021年初頭から、PayPalでは仮想通貨サービスを米国以外の国で利用することが可能になります。ビットコインやイーサリアムなど、世界で最大の仮想通貨でサービスの提供を開始するだけでなく、CBDCとして知られる中央銀行が発行するデジタル通貨も対応します。

2020年10月下旬、PayPalは仮想通貨事業に参入し、プラットフォームで仮想通貨サービスをサポートすると発表しました。世界最大の決済ソリューション企業を通じて、ビットコインやイーサリアムなどのデジタル資産の購入、販売、保存を行います。PayPalのナビゲートしやすいユーザーインターフェースにより、この決定は、特にデジタル通貨に精通していない人にとって、仮想通貨取引をより簡単にし、アクセスしやすくなります。

仮想通貨愛好家は、PayPalの決定により、多数の初心者が仮想通貨に参入すると確信しています。代わるがわる、これは仮想通貨の明るい未来をもたらす可能性があり、仮想通貨が長期的な投資としてだけでなく、日常の取引の支払い手段としても使えます。

世界で最も効率的なモバイルファイナンスアプリの1つとして知られているPayPalは、世界中に幅広い範囲にカバーし、3億人以上のユーザーベースを持っています。

世界は新型コロナウイルスの大流行に耐えていますが、デジタルおよび非接触型決済ソリューションの需要はかなり高まっています。PayPalのCEOのダニエル・シュルマン氏でさえ、世界が「実体のものからデジタルへと急速に移行している」と証言しています。このペースの速い変化には大規模な採用が必要で、PayPalもタイムリーに対応しています。

2021年の前半までに、米国外のユーザーを含むPayPalユーザーの大多数は、決済大手の暗号化サービスを利用できるようになります。現在、10%の米国ユーザーのみが新たに発行されたサービスを利用できますが、2020年12月までに米国内のすべてのユーザーが利用できるようになる予定です。

PayPalのCEOのダニエル・シュルマン氏は、「「機能性と卓越性の向上」により、将来のデジタル通貨と支払いの重要性を確認できる」と述べました。シュルマン氏はまた、「すべての人に役立つ金融システムを構築するために、PayPalはCBDCもサポートし、加盟店間の関係を構築する予定です。」と話しました。

CryptoShimbunで最新の仮想通貨のニュースについて知りましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です