sec express banner image main

2022年5月3日(火)、米国証券取引委員会(SEC)は、仮想通貨市場の投資家を保護するため、十数名の職員を雇用する予定であることを発表しました。発表によると、暗号資産とサイバーチームを含むSECのサイバーユニットは、新たに20人を採用し、合計50人の専従職を設けるといいます。

「この重要なユニットの規模をほぼ2倍にすることで、SECはサイバーセキュリティに関する開示と管理の問題を引き続き特定しながら、仮想通貨市場における不正行為を取り締まるための体制を整える」と、SEC議長のGary Gensler氏はプレスリリースで表明しています。

拡大された仮想通貨執行チームには、調査スタッフ弁護士、裁判弁護士、不正行為アナリストが含まれます。Gensler氏は、これらの雇用計画は、ウォール街の最新かつ最も人気のある業界を調査する上で重要な意味を持つだろうと話しました。さらに、暗号資産提供、分散型金融(DeFi)プラットフォーム、ノンファンジブルトークン(NFT)、ステーブルコインなどの法律違反を監督するために、そのリソースと専門知識を活用することになります。

SECの執行部門ディレクターであるGurbir S. Grewal氏によると、仮想通貨関連の証券詐欺の主な被害者は個人投資家である傾向があるとのことです。

「仮想通貨市場は近年爆発的に拡大し、この分野での悪用の矛先は個人投資家に向けられるようになりました。一方、サイバー関連の脅威は、私たちの金融市場と参加者に実存するリスクを与え続けています。強化された暗号資産およびサイバーユニットは、これらの重要な課題に直面している投資家を保護し、公正で秩序ある市場を確保する最前線に立つことになるでしょう」とGrewal氏は述べています。

今回の動きは、8カ月前にGensler氏が発表した、新しい金融技術がもたらす複雑な問題に対処するために当局のスタッフを拡充するよう議員に求めたことを受けてのものです。

「現在、暗号金融、発行、取引、融資における投資家保護が十分ではありません。率直に言って、現時点では、ワイルドウエストや証券法が制定される前に存在した『バイヤー・ビーウェア』の古い世界に近い」と、Gensler氏は上院銀行委員会の準備声明で述べました。

ジョー・バイデン米大統領をはじめとする民主党議員はGensler氏の動きを称賛しましたが、共和党議員は彼のアプローチを党派的で、ガイドラインが公開されていないために金融イノベーションを阻害していると解釈しています。仮想通貨の最新情報と仮想通貨ニュースについては、ここCryptoshimbunでお楽しみください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。