ShapeShift shuts down

ShapeShiftは完全な分散化を行うために閉鎖します

暗号資産管理プラットフォームであるShapeShiftは、未来に向けて運営を分散化し、会社を完全に閉鎖することを、昨年7月15日にCEOのエリック・ボールヒーズ氏がブログで発表しました。

その中で、ボールヒーズ氏は「未来を見据えて、ShapeShiftは非中央集権化を始めました」と綴りました。

ShapeShiftが自律分散型組織(DAO)へと進化する数ヶ月間のプロセスを経て、ShapeShiftのコントロールは、ShapeShiftのネイティブ通貨であるFOXトークンのステークホルダーや投資家に移行します。

DAOは、その構造と活動を統括する一連の規則や原理が組み込まれたインターネットネイティブな憲法です。このモデルにより、ShapeShiftでの取引は特定のプログラミング条件に基づいて自律的に行われます。

さらに、同社はシャットダウンプロセスの一環として、複数のブロックチェーンプラットフォームにまたがる分散型金融(DeFi)の投資家に、約9800万米ドルの暗号資産のエアドロップが行われることになっています。

ShapeShiftによると、FOXコインの残りの供給量はすべて、様々なアドレスへのエアドロップによって配布されるとのことです。初期の流動性マイニングは7月16日に正式に開始され、今後数ヶ月間で3億4千万枚以上のFOXコインが配布される予定です。

コインベースが発表したレポートでは、コインの流通の内訳は以下の通りです。

  • 資産の34%は、ShapeShiftのコミュニティや他の暗号資産のコミュニティに分配されます
  • 資産の32%は、残りのShapeShiftのスタッフに分配されます
  • 資産の24%は、DAOに送られます
  • 資産の7.5%は、残りの活動を管理するShapeShift財団に送られます
  • 資産の1.3%は、事業を縮小していく中での会社運営に使用されます

過去のShapeShiftユーザーの90万件以上のアドレスと、Gitcoin、Uniswap、SushiSwap、Aave、THORChainなどの有名なDeFiプロトコルの12万件のアドレスがエアドロップの対象となります。

ボールヒーズ氏による最初の発表の際、FOXコインは数時間のうちに300%以上に価値が上昇しました。7月15日には1.16米ドルという史上最高値を記録しましたが、現在は0.65米ドルまで下落しています。

暗号資産の規制当局との衝突

ボールヒーズ氏は、ShapeShiftの非中央集権化と閉鎖の理由の1つとして、暗号資産の規制当局の存在を認めています。

規制による摩擦は、確実にこの決定の一因です」と、CoinDesk TVの「First Mover」のコーナーに出演したボールヒーズ氏は述べています。

ボールヒーズ氏は、暗号資産業界に携わり始めた初期の頃から、規制当局との関係に苦慮していました。彼が開発した暗号資産プラットフォームのひとつであるSatoshiDiceは、2014年に商品の登録を怠ったとして、米国証券取引委員会(SEC)から5万米ドルの罰金を科せられました。

さらに、昨今の英国や中国での取り締まりにより、業界の足を引っ張り、暗号資産市場が急落し、ビットコインやイーサリアムなどのデジタル資産の価格が下落しています。

ただ仲良くして利益を上げようとするのではなく、勇気を持って、境界線を押し広げ、信念のために戦おうとする人がもっといればよかったのに」とボールヒーズ氏はCoinDesk TVに語っています。また、同氏は「結局のところ、あなたが保管目的の人である場合、暗号資産の最も重要な属性をユーザーに届けることはできません」とも述べました。

最新の暗号資産のアップデートと暗号資産のニュースを、このCryptoshimbunで入手しましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です