oldest bank bitkub exchange

タイ最古の銀行であるSCBがBitkub取引所の51%の株式を取得

タイの老舗銀行であるサイアム・コマーシャル・バンク(SCB)は、国内の仮想通貨取引所であるBitkub Onlineの51%(5億3500万米ドル相当)の支配権を取得し、フィンテック業界への一歩を踏み出しました。

昨年11月2日の発表後、同取引所のネイティブコインであるBitkub Coinは、0.98米ドルから2.67米ドルへと3倍に値上がりし、報道発表時点では2.34米ドル前後で安定しています。

今回の発表により、Bitkubは約10億5,000万米ドルの資本を確保し、タイにおける最新のユニコーン・スタートアップとなりました。ユニコーンとは、市場評価額が10億米ドル以上の企業を指します。

SCBは、ハイテク企業やデジタルサービスの電子決済事業者との競争が激化する中、東南アジアの従来型銀行が近代化を進めていることを受けて、この投資を推進しました。

SCBの最高経営責任者(CEO)であるアーティッド・ナンタウィタヤ氏は、日経アジアの取材に対し、「デジタル資産取引所はここ数年で急速に普及し、今後も成長を続けるだろう」と述べています。このことが、銀行がBitkubを買収する動機となりました。

同氏はまた、「この動きは、金融テクノロジーグループへのアップグレードを目指すSCBグループの戦略に沿ったものであり、新たな消費者ニーズに応え、今後3~5年の間に急速に台頭するであろう新たな競争分野に参入するものです」と付け加えました。

この発表を受けて、SCBの投資家向け株式は3.5%上昇し、1株あたりの価格は134.5฿(4.07米ドル)となりました。

しかし、SCBはこの買収を完了する前に、タイ銀行と同国の証券取引委員会の両方の承認を待つ必要があります。2022年の第1四半期までにはすべてが決まると予想されています。

また、SCBは11月15日の株主総会を皮切りに、大規模な組織再編を行う予定です。これは、SCBが持ち株会社に移行することを先導するもので、Bitkub取引所を含む子会社が厳しい銀行規制から自由に運営できるようになります。

Bitkub Capital Groupの創業者兼CEOであるJirayut Srupsrisopa氏は、「Bitkubは、タイのデジタル経済のインフラとして重要な役割を果たすことで、一つのマイルストーンに到達しました」と述べています。

Srupsrisopa氏は、「タイの金融業界にとって、地元の取引所は重要なインフラの一部となっています。さらに、SCBのような強力なパートナーがいることで、取引所がグローバルレベルの目標をより早く、より持続的に達成することができると述べています。

1904年にタイ王室によって設立されたSCBは、そのユニークな株主構成で人気を博しました。現在、SCBの資金の4分の1にあたる約7億9300万株をマハーワチラーロンコーン国王が所有しています。

Cryptoshimbunでは、タイの仮想通貨の最新情報をご紹介しています。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。