singapore crypto banner main

中国の取り締まり後、シンガポールの仮想通貨市場が上昇

中国がデジタル通貨取引を取り締まる中、シンガポールは東南アジア地域の仮想通貨ハブとして浮上しました。これにより、Huobi、Bybit、OKCoinなどの大手デジタル取引所は、同国での事業を根絶し、シンガポールの暗号市場にシフトしました。

これに加えて、仮想通貨融資会社のBabel Financeは、禁止措置の発表を受けて、最近シンガポールにオフィスを開設しました。

「通知を見たその日に、是正措置を取り始めた」とHuobi Groupの共同創業者であるDun Jun氏はロイターに語っています。

同じく中国の暗号資産管理・カストディアン取引所であるCoboも、オフィスをシンガポールに移転しました。

現在、これらの取引所は中国のアカウントの登録を停止しており、年内に既存のアカウントを閉鎖する手続きを進めています。

シンガポールは、中国からの取引所や投資家を歓迎する、仮想通貨に優しい環境を整えました。これにより、国内での仮想通貨活動の流入が増え、現地の仮想通貨市場の成長にもつながりました。

また、この都市国家は、アジア地域の重要な金融センターとみなされています。シンガポールはフィンテックを経済に取り入れ、より多くの仮想通貨ビジネスに対応するために、シンガポール金融管理局(MAS)が制定した決済サービス法を通じて仮想通貨関連の法律を改善しました。

昨年9月24日、中国人民銀行(PBOC)を中心とする中国政府は、国内の他の規制機関とともに、デジタル資産の取引を含むすべての仮想通貨関連活動を犯罪化する計画を発表しました。

規制機関は、中国の主要な商業銀行と最大の決済サービスプロバイダーであるAlipayを召喚しました。これらの金融サービス会社に対し、顧客に対するあらゆる仮想通貨関連サービスを停止するよう警告しました。

これにより、世界の仮想通貨市場における最大の資産であるビットコインは、9月24日の47,269米ドルから、中国の取り締まり発表から5日後の9月29日までに41,637米ドルまで急落しました。

Babel Finance社の最高経営責任者であるFlex Yang氏によると、中国での取引禁止の噂が流れる中、過去数ヶ月の間に多くの仮想通貨会社が中国から撤退しているため、今回の規制強化は仮想通貨分野に限られた影響しか与えないだろうと述べています。

中国の取引所が禁止されたにもかかわらず、Huobi、OKEx、Binanceなどの仮想通貨プラットフォームは、2020年の実績と比較して取引流出が62%増加しました。このデータは、仮想通貨の調査コンサルタント会社であるPeckShield社が提供したものです。

しかし、一部の仮想通貨企業やフィンテック企業は、この取り締まりの中で株式市場の株価に打撃を受けました。Huobi Globalの関連会社であるHuobi Techは、仮想通貨禁止の後、22%も急落しました。OKcoinの創始者であるXu Mingxing氏が所有するOKG Technology Holdings Ltdも株式市場で19%下落しました。

また、中国がマイニングを禁止したことで、マイニングも急落しました。Caanan Inc.やEbang Internationalといった中国のマイニングマシンプロバイダーは、それぞれ21%と7%の株式価値を失いました。

Cryptoshimbunを閲覧することで、中国とシンガポールの最新の仮想通貨の情報を知ることができます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。