enjin crypto banner

Enjinコインでゲームの新境地を見つけよう

仮想通貨は凄まじいまでの進化を遂げ、業界のあらゆる側面でデジタル資産の革命的な機能を取り入れています。仮想通貨が変えた特定の市場は、ゲームの世界です。最近では、プレイヤーの体験をよりエキサイティングで有益なものにするために、ゲーム用に設計されたトークンが見られます。Enjinコインはそのようなトークンの一つです。

もっと知りたいと思いませんか?Cryptoshimbunでこの画期的な技術革新について知り、今すぐ取引を始めましょう!

Enjinコインとは?

Enjinコインは、ERC-20トークンとして設計された、イーサリアムの上に構築された仮想通貨です。企業や個人に、アート、音楽、ゲーム内アイテムなどの物理的アイテムなどの収集可能なデジタル資産であるノンファンジブルトークン(NFT)を作成、配布、統合する機会を提供します。

これらのアイテムは、仮想通貨を使用してオンラインで購入することができ、ブロックチェーン上で生成されるため、他のアルトコインと同じ基盤ソフトウェアを持っています。

シンガポールを拠点とする企業Enjinによって2017年に発表されたEnjinコインは、1890万ドルを調達したICOの成功の結果でした。そのネイティブトークンは、ティッカーシンボルが「ENJ」のイーサリアムベースの仮想通貨で、フィアット通貨や他のアルトコインと売買することができます。Enjinは、開発者向けプラットフォームの他に、サービスの一環としてマーケットプレイスやウォレットもサポートしています。

Enjinコインは2017年に導入されましたが、同社の始まりは、ゲームコミュニティプラットフォームを立ち上げた2009年にまでさかのぼります。現在のCEOであるMaxim Blagov氏とCTOのWitek Radomski氏が共同で設立しました。

ブロックチェーン技術を使用することで、Enjinは統合された製品を管理することができ、ユーザーはブロックチェーンを使って開発、取引、マーケティングを簡単に行うことができます。このため、Enjinは、従来の商品販売のシステムに伴う高額な手数料の削減に貢献しています。例えば、アーティストは、従来の消費者への販売方法として知られるギャラリーやオークションハウス以外でも、自分のアートを販売できるようになります。

Enjinは、ユーザーがデジタルアセットを作成し、アプリケーションやゲームに組み込むことができるソフトウェア開発キット(SDK)を提供しています。これにより、ユーザーはゲーム内通貨やトークンを管理して、アクセサリーや武器など様々なゲームアイテムを購入することができます。

Enjinはどのように機能するのか?

Enjinコインは、イーサリアムブロックチェーン上に構築されており、プラットフォームの主な特徴として知られる仮想商品の作成と管理を可能にしています。これにより、ユーザーはEnjinコインを裏付けとした独自の仮想通貨を立ち上げることができます。これにより、ユーザーはゲーム内の資産を「溶かす」ことができ、プレイしているゲームが廃止されたとしても、その資産を維持することができます。

さらに、EnjinにはUnity、Java、Godotなどのソフトウェア開発者向けのソフトウェア開発キットがあります。これにより、開発者は新しいプロジェクトと既存のプロジェクトを統合することができます。SDKとは別に、Enjinには1,000万点以上のデジタルアイテムを集めたマーケットプレイスがあり、ユーザーはさまざまなブロックチェーン資産を売買することができます。

Enjinは、個人がより簡単にNFTを使えるようにすることを目指しています。それを念頭に、EnjinはEnjin Beamと呼ばれるデジタルアセットの配布システムを持っており、ユーザーは簡単なQRコードを使用して何千ものNFTを送ることができます。       

Enjinコインのその他の機能

他の仮想通貨と同様に、Enjinコインはユーザーそれぞれが恩恵を受けるような機能を大量に提供しています。あなたがEnjinコインを初めて利用する場合、ここではあなたが楽しみにすべき機能を紹介します。

Efinity  

Enjinコインは、効果的なスケーリングに役立つ仮想通貨のチャネルネットワークソリューションであるEfinityを2018年に初めて発表しました。

これはビットコインのライトニングネットワークに少し似ていて、ビットコインのブロックチェーンの上に第2層として置かれ、参加しているノード間の高速な取引を可能にします。Efinityは複数のチャンネルで構成されており、ゲームは大量の取引をより速く、より安い手数料で行うことができます。これがEnjinが迅速なシステムと手頃なコストを持つことで知られる理由です。

決済ゲートウェイ

Enjinコインの一部であるSDKは、ユーザーがカスタマイズされたカートや請求書を作成することができる分散型の決済ゲートウェイです。ウェブサイトで利用すると、Enjinコインの仮想通貨やカスタマイズされたコインの支払いを受け付けるウィジェットが表示され、支払いを簡単に受け付けることができるようになります。

ユーザーにとってこの機能が良いのは、各取引にわずかな手数料しかかからないことです。さらに、この機能は、あなたが信頼できるプラットフォームとみなしたゲームやウェブサイトの自動支払いを整理することができます。     

スマートウォレット  

Enjinコインのもう一つの特徴は、ネットワーク上のゲームコミュニティでバーチャルグッズをサポートするスマートウォレットです。さらに、あなたのイーサリアムアドレスに同期されているので、すべてを手動で設定する手間が省けます。

Enjinコインを使えば、Enjinのゲームエコシステムの中だけでなく、スマートウォレットを持っている他のユーザーとコインやアイテムを交換することができます。Enjinコインのウォレットでは、取引要求を送信すると、相手がそれを受け入れるか拒否するかを選択できます。これは、間違った取引を防ぐことができるので、スマートウォレットの良い機能です。

さらに、リクエストを送ろうとしている人が自分の知っている人かどうかを確認することができますし、ルールを設定することもできるので、このような事態を避けることができます。

ENJを購入できる場所

現在、数多くの仮想通貨取引所があり、それぞれがユーザーの利益になる機能を提供しています。すでにお気に入りの仮想通貨取引所がある場合は、その取引所を利用することでENJの売買を簡単に行うことができます。しかし、お持ちでない場合は、ENJを提供しているいくつかの仮想通貨取引所をご紹介します。

Binance

Binanceはこれまでで最も人気のある仮想通貨取引所の1つです。ビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、カルダノ(ADA)、ENJを含む45以上の仮想通貨に対応しています。また、アルトコインの売買ができる独自の仮想通貨ウォレットを持っています。さらに、この取引所はバイナンスコインという独自のトークンも持っています。低い取引手数料と迅速なプロセスを望むなら、Binanceはあなたが使うべき取引所です。 

KuCoin「The People’s Exchange(人々の取引所)」としても知られているKuCoinは、ENJトークンを提供するもう1つのトップ仮想通貨取引所です。この取引所はシンガポールに拠点を置き、200以上の仮想通貨を提供しており、プラットフォーム上で他のユーザーと売買することができます。Enjinトークンを購入する場所を探しているなら、KuCoinは訪問できる取引所の1つです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。