skybridge capital banner

スカイブリッジ・キャピタルがビットコインファンドを開設し、2500万米ドルを投資

グローバル投資会社であるスカイブリッジキャピタルは最近ビットコインファンドを開設し、プロジェクトをすぐに開始するために、2500万米ドルの自己資本を投資しました。投資家は1月4日にこのヘッジファンドを利用可能になり、最低サブスクリプションサイズは50,000米ドルとなります。

アメリカの有名な金融家アンソニー・スカラムチ氏によって設立された会社は、2020年12月28日に証券取引委員会にフォームDまたは証券の免除提供の通知を提出し、SkyBridge Bitcoin Fund L.Pを正式に登録しました

スカラムチ氏はYahoo!とのインタビューでこのように述べました。財務側では、1月4日にファンドが正式に発行する前に、すでに予備注文の「ナイスブック」をまとめていることが分かりました。

また、スカイブリッジキャピタルのCEOは、仮想資産を含むヘッジファンドを富裕層に民主化するという同社のビジョンを表明しました。機関投資家が仮想通貨に投資できるようにするグレースケールなどの企業が存在していますが、ビットコインはまだ購入しにくいです。

スカラムチ氏は、スカイブリッジビットコインファンドを通じて、大規模な仮想通貨投資をより安く、よりアクセスしやすいものにすることを計画しています。グレイスケールビットコインファンドの年会費の2%と比べて、わずかに0.75%を請求しています。さらに、スカイブリッジはビットコインの純資産価値でのみ取引を行っていますが、グレイスケールは20〜30%のプレミアムで取引する傾向があります。

フィデリティデジタルアセットはビットコインファンドを提供し、デジタルアセットに管理を依頼します。

アメリカのニュースチャンネルCNBCとのインタビューで、スカラムチ氏はビットコインに対する楽観のアイディアを表明しました。「私立ちは機関投資家の先駆者になる可能性があります」と彼は説明しました。さらに、「多くの投資家は、特に2020年に購入するどうかに迷っている投資家が、2021年の第1四半期にビットコインをポートフォリオに追加するでしょう」と彼は予測しています。

「今後5年から10年の間にビットコインには非常に大きな変動があると考えています。RIA、大衆富裕層、そしてデジタル資産の所有者に何かの便利さを提供しようと思っています」と説明しました。

ビットコインファンドの開設も、登録投資顧問(RIA)とウォール街の1%の投資家のチャネルという役割を果たしています。

CryptoShimbunで最新の仮想通貨のニュースとイベントについて知りましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です