tom lee predicts crypto firms emerge stronger from market turmoil banner

Fundstratのトム・リー氏は、まだビットコインのブルだと言い、仮想通貨企業が市場の混乱からより強くなると予測しています。

ヘッジファンドのベテラン、トム・リー氏はビットコイン(BTC)に長期的に強気であり続け、仮想通貨産業が以前よりも強く弱気市場から抜け出すことを期待しています。

CNBCの新しいインタビューで、Fundstratのマネージングパートナーである同氏は、2022年が仮想通貨投資家にとって「ひどい」ものである一方、彼は新しいチャプターが出現しているかもしれないと考えていると言います。

「誰も2022年に仮想通貨でお金を稼いだことはありませんが、それは2018年とそれほど違いはありません。ビットコインが17,000ドルから[3,200ドル]くらいになったあの仮想通貨の冬を振り返ると、あの時は最高のプロジェクトがいくつか作られた時期でした。だから、業界にとって重要な瞬間だと思います。多くの悪質なプレイヤーを浄化していると思いますし、重要なことだと思います。

仮想通貨は死んだと思いますか?いいえ、多くの人が満員の劇場にガソリンを投げて「火事だ!」と叫んでいると思います。非中央集権とビットコインが行っていることを本当に好きな人たちにとって、これは重要なことでしょう。彼らは持続力を持つ必要がありますが、ええ、2022年はひどいものでした。」

リー氏は、今日の仮想通貨業界を、多くの企業がより強力な事業体に道を譲る前に、危機の間に崩壊した2008年の伝統的な金融部門と比較しています。

「私たちは2017年に初めてビットコインについて読み、ビットコインが1000ドル以下だった当時、人々に資金の1%をビットコインに投入することを勧めました。今日のその保有は、リバランスなしで彼らのポートフォリオの40%になります。では、誰かがある種のバラストを持つために、ビットコインはまだ意味があるのでしょうか?そうです。

来年はまたひどい年になるのでしょうか?詐欺が増えれば、そうなるでしょう。しかし、もし今が金融ストレスの瞬間だとしたら、これから出てくるのはGFC(大金融危機)から出てきた企業です。JPMorganのような銀行の台頭は、まさに2008年に起こったものです。GFCで人々が犯した間違いは、銀行は手出しできないと言うことで、それが今仮想通貨で起こっていることです」。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です