ethetreum vlad zamfir bannerfiles

イーサリアムのVlad ZamfirがCasperLabsに対する禁止命令を提出

イーサリアム財団の研究者であるVlad Zamfirは、3月17日、カリフォルニア州南部地区の米国地方裁判所にCasperLabsに対する禁止命令を提出した。訴状では、ブロックチェーンのスタートアップがZamfirの知らない間にそのプロトコルの連邦登録を申請したことは、米国商標法に違反すると言及されている。

法廷文書によると、ZamfirはCasperLabsのPoSプロトコル名前Casperが開発者自身の6年前のPoS研究と非常に類似しているため、CasperLabsが著作権を侵害していると主張した。

Zamfirは彼の禁止命令で、それはCasperマークの不適切な使用であり、彼のイメージを損なう可能性があると主張した。さらに、CasperLabsによるこのマーケティング戦略は、ZamfirのCasperとCasperLabsが推進しているものと同じであると考え、潜在的な投資家を3日以内に行われる差し迫った資金調達セットに誤解させる可能性があると述べている。

さらに、Zamfirは訴状で、彼とイーサリアムの創設者であるVitalik Buterinが2015年にCasperという名前の独自のPoSプロトコルを開発したと述べた。最初のドラフトは2017年にリリースされ、Casperプロトコル1.0仕様は2018年に正式に発効した。Zamfirがリードコンセンサスプロトコルアーキテクトとして採用された後、2019年CasperLabsが同社を買収した。

その後、CasperLabsはZamfirのPoSに基づいて新しいブロックチェーンの開発を開始し、ハイウェイプロトコルlと名付けた。Zamfirは、同じ年に作成されたライセンス契約は、Casper名とプロトコルに関する彼の研究の限られた使用を提供すると主張した。

イーサリアムの研究者は、彼の禁止命令で、CasperLabsがPoSプロモーションでCasperという名前を使用することに同意しないことを明らかにしたと主張していた。言うまでもなく、ブロックチェーンのスタートアップは、3月23日にコインセールを開始しようとする3日前に、名前をCasperハイウェイプロトコルからCasperに変更した。

それで、Zamfirは、訴訟を提出し、ランハム法第43条(a)を特に言及し、同条は、次の事項を規定する「この条文には、何人も,商品又はサービスに関連する商業活動において,語,用語,名称,記号又はこれらの組合せを使用し,または、虚偽の名称、原産地、虚偽または誤解を招く事実の記述、または虚偽または誤解を招く虚偽の記述を使用することにより、商品またはサービスの原産地、スポンサー、または承認について他人に混同を生じさせる可能性がある場合には、民事上の責任を負うものとする。」

Zamfirのクレームに応えて、CasperLabsは、証拠、申し立ての時間と適法性は無許可であり、事件の結果に影響を及ぼすべきではないことを示す通知を提出した。

ここCryptoShimbunで最新のスクープを見つけ、より多くの仮想通貨の更新を入手してください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です