ブロックチェーン入門:ブロックチェーンとは何か、どのように機能するのか

仮想通貨の人気上昇に伴い、ブロックチェーンも仮想通貨業界で最も注目されるコンセプトの一つとなっています。それは、よく知らない人でも多くの人の興味をかきたてています。ブロックチェーンとその仕組みについて、もっと知りたいと思いませんか?Cryptoshimbunでは、この複雑で革命的な技術をより深く掘り下げていきます!

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、大量の情報を格納したデータベースのことです。これを管理する中央機関が存在しないことから、分散型台帳とも呼ばれています。ブロックチェーンでは、すべての取引記録が「ブロック」に格納され、それぞれが固有のハッシュを持っています。

ハッシュコードが複数のブロックをつなぐことで、情報の「連鎖」が生じ、それが「ブロックチェーン」という言葉の由来となっています。

成功へのワンブロック。ブロックチェーンの始まり

ブロックチェーンの概念は、1991年に研究者のスチュアート・ハーバーとW・スコット・ストーネッタによって初めて作られました。当初は、改ざんが不可能なタイムスタンプを記録するためのシステムでした。

しかし、2008年にサトシ・ナカモトがビットコインのホワイトペーパーに、BTCを使った取引を記録する公開台帳として採用するまで、ブロックチェーンの概念は使われていませんでした。ナカモトは、ビットコイン(BTC)を作るにあたり、ブロックチェーン技術を採用し、大型仮想通貨の基盤技術として活用しました。

それ以来、ブロックチェーンは画期的な分散型プラットフォームとなっています。仮想通貨のイメージが強いですが、小売業や製薬会社など、他の産業にも手を広げています。例えば、ウォルマート、ファイザー、ユニリーバなどです。

一つ一つのステップが重要。ブロックチェーンの仕組みを解説

ブロックチェーンは、コンピュータのネットワークで共有されるパブリックデータベースで、取引のすべてのコピーが同じものであることを確認する責任があります。ネットワークの最も重要な要素は以下の3つです。

  • ブロック

ブロックは、ハッシュ化されエンコードされたさまざまな暗号化取引の「ストレージ」として機能します。各ブロックには、タイムスタンプ、前のブロックへの参照、取引の概要、プルーフ・オブ・ワークという4つの主要な要素があります。これらの部品はすべて、ブロック内の情報を保護し、チェーン全体を不変のものにするために必要です。

  • マイナー

チェーンに新しいブロックを追加する作業をマイニングと呼び、この作業を行う人をマイナーと呼びます。マイナーとは、強力なコンピューターと特殊なソフトウェアを使って複雑な計算問題を解き、64桁の16進数のハッシュコードを生成する人のことで、「プルーフ・オブ・ワーク」と呼ばれるプロトコルを採用しています。目標とするハッシュに等しいハッシュコードを最初に完成させたマイナーには、仮想通貨の形でインセンティブが与えられます。マイニングが成功すると、ブロックチェーンのすべてのノードが変更を受け入れます。

  • ノード

マイナーは、「ノード」と呼ばれる特殊な電子機器を使用して、ブロックチェーンのコピーを保管します。これらのデバイスは、取引の詳細を確認し、ネットワーク内の他のすべてのノードで情報を検証して、コンセンサスを得ます。

ブロックチェーンの仕組みをステップバイステップで解説

ブロックチェーンは、ビットコイン(BTC)やイーサ(ETH)など、さまざまな仮想通貨の基礎となる技術です。一般的な仮想通貨取引では、通常、以下の4つのプロセスが行われます。

  1. トランザクションをその詳細とデジタル署名とともに記録する
  2. トランザクションの詳細を検証するノードを介したネットワークによる記録のチェック
  3. 新しいレコードを、前のブロックのハッシュと一緒に、固有のハッシュコードを持つブロックに追加
  4. ハッシュコードでブロックを特定の配列で接続しながら、新しいブロックをネットワークに投入

ブロックチェーンの主な特徴

ブロックチェーンの目的は、取引を分散化し、より安全で便利なものにすることです。これを可能にするのは、主に3つの特徴があるからです。

分散型台帳技術

すべてのネットワーク参加者は、ブロックチェーンにアクセスし、その不変の取引記録を見ることができます。この分散型台帳は、取引を一度しか記録しないため、従来のビジネスネットワークでよく見られた重複や二重支出の可能性がありません。

不変的な記録

一度ブロックチェーンに記録された取引は、すでに改ざんできません。特定の記録に誤りがあった場合、それを覆すために新たな取引が行われますが、どちらの取引も可視化されたままとなります。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、買い手と売り手の間の合意である自己実行型の契約のことです。社債の譲渡条件や、旅行保険の支払い条件などがこれにあたります。

その能力をフルに発揮してみてください。ブロックチェーンを使うメリット

ブロックチェーンは革命的な分散型ネットワークであり、以下のような理由で多くのビジネスや産業にとって有益なものです。

取引の高精度化

すべてのブロックチェーン取引は、複数のノードによって検証されなければならないため、コンセンサスを得る際にデータに誤りが生じる可能性が低くなります。1つのノードがデータベースに誤りを犯しても、他のノードは即座にそれを確認し、不正確な情報を見つけ出すことができます。また、システム内のすべての資産は簡単に識別・追跡されるため、二重支出の可能性もありません。

媒介者なし

銀行送金とは異なり、ブロックチェーンを使用することで、2つの当事者が仲介者を介さずに取引を完了することができます。その結果、第三者を介在させるよりも、より多くの時間とお金を節約することができます。

素晴らしいセキュリティ

ブロックチェーン上の取引を誰かが偽造することはほぼ不可能です。偽の情報を作るためには、ブロックチェーンのすべてのノードをハッキングする必要がありますが、これには膨大なエネルギーが必要で、実行することは不可能です。その点、ブロックチェーンに保存されているデータは永久的で、誰にも改ざんできません。

効率的な送金

好きな時にブロックチェーンであらゆる金融取引ができるようになりました。24時間365日稼働しており、国際送金にも最適です。他の選択肢と比較して、取引が完了するまで数日待つ必要も、中央金融機関が実施する面倒なお役所仕事をする必要もありません。

手探りでブロックチェーンの可能性を最大限に活かす!

ブロックチェーンとは、記録を残し、データを共有し、支払いを処理するネットワークのことです。ブロックチェーンの目的は、しばしば仮想通貨に関連していますが、大企業や投票システムなど他の産業にも適用できます。

Cryptoshimbunを閲覧することで、ブロックチェーンと仮想通貨についてより深く理解することができます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です