wozx banner news

WOZXコイン、ローンチ時になんと1,300%に

Appleの共同ファウンダー、Steve Wozniakが、Efforceと呼ばれる独自の暗号技術をリリースした。Efforceは、ブロックチェーンの能力を高め、より持続可能なエコシステムと、WOZXと呼ばれるネイティブコインによる投資の可能性を生み出すシステムである。ローンチの数日後、このコインの時価総額はなんと1300%に達し、最近発売されたコインにとって驚くべき偉業となった。

Wozniakのアイデアは急速に暗号競争に追いつきつつある。ローンチの数日後、このコインの時価総額は10億ドルを超えた。上場価格を10倍超過した。Wozniakによると、同氏の発明は、持続可能性を犠牲にすることなく、ブロックチェーンをより強固で効率的なものにするだろうという。

「世界のエネルギー消費量とCO2 排出量は指数関数的に増加し、気候変動と環境への深刻な影響をもたらしている。習慣を変えることなく、エネルギー使用量を改善し、エネルギー消費量を減らすことができる。より多くのエネルギーを改善するだけで環境を救うことができる」とWozniakは言った。

同氏によると、Efforceは、持続可能性を擁護するプロジェクトの作成に参加したいと考えている人々が、大きな収入を得られる、初の分散型暗号プラットフォームになるという。

「Efforceは、世界中のエネルギー効率化プロジェクトに参加して経済的な恩恵を受け、意味のある環境変化を生み出すことができる最初の分散型プラットフォームとなった。

「このような困難な時代に、多くの小さな会社が奮闘している。LED照明に切り替えたり、生産工程を合理化したり、熱を節約するために断熱材を使用したりする余裕はない。これらはすべて、長期的にはコスト削減につながる」 とWozniak氏は続けた。

環境に利益をもたらすだけでなく、企業はインターネット上でプロジェクトを登録し、世界中のさまざまな投資家から信頼できる資金源を見つけることができるようになる。

「Efforceを利用することで、事業主はエネルギー改善プロジェクトをウェブ上で安全に登録し、世界中のあらゆる種類の投資家から資金を確保することができる。そうなれば、企業はインフラや雇用などの他の重要なプロジェクトに使える資金を増やすことができる」。

エフフォースの仕組み

Wozniakのプログラムでは、期待リターンなどの指標を計算し、節約額と投資家がプロジェクトへの資金提供から受け取るリターンを予測するEPCまたはEnergy Performance Contractを形成することで、当該投資を分析する。

分析が終わると、プラットフォームはネットワーク上にリストアップされ、プロジェクトに出資する可能性のある投資家を探す。可能性のある投資家がいる場合、彼らはWOZXコインを利用することによってステークホルダーになることができる。

現在、WOZXトークンの価格は1.50ドルだが、市場ではまだ新しいため、ポートフォリオに含まれている取引所は限られている。コインに興味のある方は直接購入できない。WOZXのペアトークンであるTetherコインを購入する必要がある。購入者はUSDTコインを入手すると、WOZXコインを入手できる。さらに、Tetherを使ってHBTC交換プラットフォームでトークンを購入することもできる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。