仮想通貨「カルダノ」。持続可能な暗号の未来に向けて

2009年にビットコインが登場し、イーサリアムがブロックチェーン上でスマートコントラクトを提供することで、ビットコインとイーサリアムはそれぞれが先駆者として、消費者市場における仮想通貨の普及に貢献しました。それ以降に登場したデジタルコインは、新機能であれ、前任者からの改良であれ、何かを提供しています。

第3世代の仮想通貨と呼ばれるカルダノは、2大仮想通貨の足跡をたどり、トップパフォーマンスのデジタル資産の1つとして、暗号市場で着実に成長しています。Cryptoshimbunでは、カルダノの画期的なネットワークが仮想通貨トレーダーにどのようなものを提供するかをご覧ください!

仮想通貨「カルダノ」とは?

カルダノは、市場で最も急速に成長している仮想通貨の1つであり、現在、時価総額でトップの成績を収めています。しかし、このような成功を収める以前のカルダノは、イーサリアムの共同創設者であるチャールズ・ホスキンソンが構想した研究プロジェクトとしてスタートしました。

イーサリアムの運用管理を担当していたジェレミー・ウッドに加え、学界のさまざまな研究者やブロックチェーンの専門家の協力を得て、2015年にカルダノのホワイトペーパーが作成されました。

これは、2年分の科学的研究に基づいた、初の査読付きブロックチェーンです。このブロックチェーンは2017年に正式に発表され、先行する仮想通貨、具体的にはビットコインとイーサリアムのスケーラビリティ、相互運用性、持続可能性を解決することを目指しています。

他の仮想通貨と同様に、カルダノはネイティブコインであるADAを使ったシームレスで分散型の取引のための貨幣機能を持っています。このコインは、17世紀に活躍した数少ない女性数学者の一人であり、初のコンピュータープログラマーとも言われているエイダ・ラブレスにちなんで名付けられています。

カルダノのステークホルダー

カルダノ技術の中心的な作者はホスキンソンとウッドですが、彼らがこのプロジェクトを完全に管理しているわけではありません。このプロジェクトの発展を支えているのは、次の3つの主要なステークホルダーです。

  • カルダノ財団(Cardano Foundation – カルダノの非営利管理団体であり、ブランド全体の主要な監督と監視を担当しています。
  • Input-Output Hongkong (IOHK) – ウッドとホスキンソンによって設立された研究開発会社で、カルダノのブロックチェーンのエンジニアリングを行っています。また、ブロックチェーン教育を広く普及させることを目的としています。
  • Embargo – カルダノのブロックチェーン技術の将来的な開発を資金面で支援する大規模な資金提供団体。

カルダノの仕組み

仮想通貨「カルダノ」の中核をなすのは、「ウロボロス」と呼ばれるブロックチェーン技術です。これは、プルーフ・オブ・ステーク・プロトコルを使用してADAコインを常に安全に送受信する、初の「証明可能な安全性」を持つアルゴリズムです。さらに、この技術は、ブロックチェーンをより安全でスケーラブルな条件で運用することも可能にし、ビットコインとイーサリアムの両方のエネルギー消費の問題を解決することを目指しています。

ウロボロスプロセス

カルダノのブロックチェーンは、エポックと呼ばれるスロットに分割されており、無限に分割することができます。この技術により、ネットワークは膨大なエネルギーを必要とせず、スケーラブルかつ柔軟に取引を決済することができます。

カルダノネットワークはプルーフオブステークアルゴリズムにより、ユーザーをランダムに選んでノードにします。このノードは、割り当てられたエポックのスロットリーダーとなります。割り当てられたエポックを採掘し、そのサービスに対してADAの報酬を得るチャンスが与えられます。

ADAをブロックチェーンにステークするすべてのユーザーは、ノードになり、ネットワーク上のブロックをマイニングする公平なチャンスを得ることができます。これにより、大量のエネルギーを必要とするプルーフ・オブ・ワーク型コンセンサスの主要な構造がなくなります。

プルーフ・オブ・ステーク vs プルーフ・オブ・ワーク

ビットコインのようなほとんどの仮想通貨ブロックチェーンは、取引を検証するためにプルーフ・オブ・ワークのコンセンサスアルゴリズムで運用されています。方程式を最初に解いた人は、ブロックチェーンをマイニングして、インセンティブとして仮想通貨を得ることができます。

しかし、プルーフ・オブ・ワークシステムは、1つの取引を行うために多くのコンピューティングパワーを必要とするため、需要が拡大している仮想通貨市場では維持できませんでした。プルーフ・オブ・ステークは、ステークプールを通じて参加者やノードを選ぶことで、この問題を解決することを目指しています。

二層式ブロックチェーン

カルダノが市場の他の仮想通貨と異なる点は、取引の検証だけでなく、dAppsの作成やスマートコントラクトの制定を同時に行うことができるという点です。これを可能にしているのは、カルダノ決済層(CSL)とカルダノ計算層(CCL)を含む2層構造のブロックチェーン・アーキテクチャです。

CSL層は、カルダノユーザー間のブロックチェーン上のすべてのADAトランザクションのバランス台帳として機能します。一方、CCL層は、ブロックチェーン上で作成されたすべてのスマートコントラクトとdAppsを追跡します。

CCL層はCSLバランス台帳に接続されていないため、ユーザーは自分のスマートコントラクトやdAppsのためにパーソナライズされたルールやコマンドを作成することができます。

Daedalusウォレット

カルダノには、ユーザーが自分のADAコインにアクセスできる独自のウォレットがあります。他の仮想通貨ウォレットとは異なり、Daedalusウォレットは完全なブロックチェーンノードも稼働しているため、ユーザーはCardanoネットワーク上の自分の資金を完全にコントロールすることができます。

このウォレットでは、ユーザーがステーキングシステムに参加することもできます。アカウント所有者は、ADAの委任やステーキングプールの運営、ノードバリデーターになることで報酬を受け取ることができます。

カルダノ:第三世代の仮想通貨

カルダノネットワークは、まだ初期段階にありますが、ウロボロスプルーフ・オブ・ステークプロトコルにより、プロトコルのセキュリティ、スケーラビリティ、互換性の向上を約束しています。このプロトコルは、従来のプロトコルの欠点を解消することを目的としており、エネルギー消費を大幅に抑えて様々な取引を一度に行うことができる分散型システムを提供します。

この開発は、長期的には暗号コミュニティに利益をもたらし、取引をより安全かつ効率的に高速化します。

仮想通貨と金融機関の間のギャップを埋める

カルダノネットワークは、金融サービスを提供するためにdAppsやスマートコントラクトを活用したプロトコルにより、銀行機関や政府系金融機関に仮想通貨導入を促すことも目的としています。

これは、米国、中国、韓国などの政府が規制や管理を求めている中で、金融機関と暗号産業の間のギャップを埋めるのに役立つ可能性があります。

カルダノロードマップ

カルダノのブロックチェーンの全面展開は、バイロン、シェリー、ゴーグエン、バショウ、ヴォルテールの5つの時代に分けて予定されています。現在、ネットワークはシェリーの時代にあり、ネットワーク全体の完全な分散化を目指しています。

バショウとヴォルテールの時代に到達すると、カルダノは完全に自立したネットワークとなり、スケーラビリティと最適なパフォーマンスが向上します。さらに、ネットワークの展開が進むにつれて、より多くのノードが運営され、ユーザーに利用されるようになります。このように、カルダノが将来的に仮想通貨のより革新的なアプローチとアプリケーションのための舞台となることは間違いありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です